境内 桜のライトアップ写真のプレゼント

今年の東京地方のソメイヨシノの開花宣言は3月21日だった。

しかし、その後寒い日も多くなかなか三分咲きにもならず。

五分咲きになっても朝晩は結構寒く長い期間楽しむ事が出来た。

 

例年通りライトアップをしてブログ用に写真撮影に境内に出ると毎日お出で下さり熱心に長時間立派なカメラで写されているご夫妻が、、

三脚までお持ちになり本格的に、、

 

立ち話で「私は着物での仕事の時に袂に入れられるこんなデジカメです、、」と観桜しながら話も弾んだ。

 

先程、玄関にどなたかが、、、

 

その時の奥様が額に入れられた大判の写真やアルバム、DVDまでお持ち下さった!!

1

 

2

 

とても綺麗!! アングルも素晴らしい!!

 

額はどこかにお飾りする予定。

本当にありがたいご配慮に感謝。 有り難うございました!!

 

奇しくも今日は私の誕生日!!

嬉しいプレゼントを頂いてしまった。

 

PS 21:37記

 

今晩、家族からのプレゼント!

3

思わず涙が、、、

最近、特に涙腺が弱くなった、、、


境内の藤の花

先日お伝えした境内の藤の花。

 ブログ  http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170422

 

二日ほど京都での法要で留守をしていた間にほぼ満開に、、、

2

 

普段、何も施肥をしていないのに、、、

今年は花の房がとても大きく香りも良い、、

1


京都 浄土宗総本山知恩院 御忌大会

浄土宗大本山増上寺での法然上人御忌大会(ぎょきだいえ)はお伝えしたように4月2日から7日まで盛大に厳修され円成。

 

その後、京都の東山 浄土宗総本山知恩院では4月18日から本日25日まで厳修。

01

御忌大会案内 小冊子の表紙

 

昨日、24日には関係寺院のご住職が日中法要の唱導師の大役をお勤めになるのでご案内を頂いていた。

 

ただ拙寺の副住職は本年1月に知恩院布教師に任命(叙任)された。

一年目は御忌法要で大殿説教での布教師上人の先進役を務めなくてはならない。

 

23日は滋賀教区の御上人が唱導師。

その法要の前後の大殿説教の先進役を仰せつかっていた。

 

その為に23日から一泊で二人揃って京都 知恩院へ登嶺。

1

知恩院三門(国宝)

 

2

 

京都駅からTAXIで直行したが東山近辺は外国の人ばかり、、、、
着物のレンタル屋さんで着付けをして貰い歩いているのはほとんど外国のお嬢さん達だった。

 

23日の日中法要後の大殿説教で副住職は先進のお世話役。(二席)

3

 

4

 

5

 

24日は二人とも随喜(参列)で撮影できないので23日の日中法要の模様

8

ただ国宝の大殿(御影堂)は6年前の法然上人800年御遠忌のあと大改修工事で現在も工事中で以前の衆会堂が「御堂」(みどう)として使用されている。

三年後に改修完了の予定。

 

 

翌、24日(昨日)は私と副住職二人とも法要に随喜。

6

 

7

随喜の時の正装。

 

素晴らしい法要だった。 ただ撮影は出来ず、、、、

 

着替えて八坂さんから四条通り祇園をぬけ四条大橋へ

5月1日解禁の料理屋さんの鴨川への納涼床は急ピッチで工事が始まっていた。

9

 


境内の藤の花

境内本堂前の藤の花もほぼ満開に、、

 

空襲で焼け残った藤なので樹齢はどの位か??

藤棚にする計画もあったが先代住職もこの樹姿が気に入っておりそのまま、、

私が子供の頃と姿、大きさはほとんど変わっていない。

 

伸びる蔓を剪定する程度でろくな手入れや施肥もしていないが綺麗に今年も咲いてくれた。

1

こんなに藤の花が良い香りを放つとは、、、

ミツバチがわんさか押し寄せるのも分かる。

 

2

 

今晩は雨の予報もあるので夕方一枚、、、

これからは伸びる蔓の剪定が意外と大変。

 

 


江戸消防記念会第四区木遣親聲会 梯子乗りと木遣の稽古始め

今晩から恒例の江戸消防記念会第四区木遣親声会の梯子と木遣り稽古が始まった。
毎年4月下旬には親声会の木遣と梯子乗りの稽古がある。

若い衆は6時半頃から梯子の締め直し

1

三間半の本梯子も締め直し

2

 

 

3
足場パイプに固定された低い稽古梯子での稽古


ちょうど普賢象の八重桜も満開に、、

 

4

三間半の本梯子も立ち上がり長鍵(鳶口)で12人が支える。

 

5
午後7時半過ぎからは三間半の本梯子で頭取中が見守る中、稽古始めの披露

第四区総代から激励の挨拶と稽古始めの手締め

6

総代はこれから消防団関係の集まりとの事で珍しくスーツ姿で、、、

お披露目後、梯子は境内裏の倉庫にしまわれ頭取中も本堂へ

7

8

その後、澤蔵司稲荷本堂で木遣りの奉唱
初日と千秋楽は本堂での木遣り

28日が千秋楽

危険な梯子乗りなので安全を祈念


境内の新緑と花、、、

東京地方は四日連続25度を超える夏日になった。

今日の本堂でのご挨拶は「お暑うございます」だった。

 

境内も昨日未明の嵐でソメイヨシノは花が散りすっかり緑に、、

1

 

モミジも緑が濃くなった。

 

皆様はご存じだろうか?

この時期、モミジに花が咲くことを、、

2

 

紅色の小さいのがモミジの花。 よくご覧いただかないと気が付かない、、

 

3

ご参考に、、、

 

これが実を結び二つの種と二枚の羽がつき紅葉で葉が散る頃にヘリコプターのようにくるくる回りながら風と共に遠くまで飛ぶ。

もうすぐ羽がついた実となって夏を超す。

 

5月になると境内の至る所から昨年暮れに舞い落ちた種から双葉の新芽が芽生える。

 

上の写真のモミジの若木は種から芽吹いたものを私が育てた。

双葉やその後の新芽の時は竹箒ではいただけでダメになってしまう。

何百と双葉が出るが成長するのは数本、、

 

大事にしているので家族がつけた私のあだ名は「もみじ」、、、

 

普賢象の八重桜もほぼ満開に、

4

 

石垣工事の後に植樹したまだ若木。

植えた時が10歳から15歳? 多分まだ30歳くらいか?

 

手前はソメイヨシノ、奥の八重の枝垂れ桜もそろそろ新緑に、、

お伝えしたように普賢象の八重桜はこれからが見頃、、

 

 

5

石垣の下を歩く方々にも楽しんでいただける。

このそれぞれの枝ぶりは私のもくろみ通り、、、

 

3

 

書院近くの藤の花もほぼ満開に、

6

 

小ぶりな藤の木だが戦災に遭わず私が子供のころから変わっていない。

棚がないのでこまめに蔓の剪定はしているが、、、

 


奥の院にお賽銭箱

境内の一番奥にあるお堂の前に御信者様がお賽銭箱をご寄進くださった。

 

早速、本日午前中に職方(地元のかしら)が設置。

奥の院

 

我々は奥の院と呼んでいる。

1

 

お賽銭箱

2

 

立柱式のお賽銭箱。

一番目の届きにくい場所にあるので安堵。

 

境内のソメイヨシノや枝垂れ桜もかなり緑になった。

替わって「普賢象」の八重桜が、、、

 

3

この八重の花の雄蕊が普賢菩薩のお乗りになっている象さんの二本の牙に似ているので命名されたとも、、

 

これから4月下旬ころまで楽しませて貰える。

お参りの折には是非立ち止まり鑑賞していただきたい。

桜の話題も終わったがこれから、、、、

 


今年も電気ブロアー出動

昨夜来から嵐のような風雨が吹き荒れた。

 

朝の勤行の時は雨は収まっていたが本堂の回廊・階段は雨水とソメイヨシノの花の心棒(愕)で見るも無惨、、、

こちらは充電式の室内用のブロアーで吹き飛ばした。

水も愕もヒノキの無垢の周り廊下・向拝階段にシミをつけてしまう。

 

境内はコード付きの電気ブロアーで、、

エンジン式のもあるが音がうるさい。

その為に境内各所の庭園灯には外部コンセントを設置してある。

ブローアーだけではなく桜のライトアップや催し物の時の電源用に便利なために20年以上前に設置した。

 

1

 

愕だけで45箸里瓦濛沺5袋の収穫。

これからは燃えるゴミの収集日が大変、、

あまり一度にたくさん出すと持って行ってくれない。

 

立ち木姿の藤の花もいい感じに、、

 

2

 

ソメイヨシノ

 

3

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われるが今春伸びた小枝も枝ぶりが良いものを一本残し選定予定。

10年も経たずに左上のような枝になってしまう。

 

モミジも新緑が映えるようになった。

 

 

 

 


夏日

東京地方は朝から気温が上がり正午頃には25度超の「夏日」に、、

墓所で納骨もあったがまだ冬の衣なので暑いくらいだった。

 

境内もすっかり新緑が濃くなってきた。

 

点描

 

 

1

藤の花芽も大分伸びて紫色に、、、

 

2

 

3

 

4

                                                                                                       

 

 

6

すっかり新緑に、、

枝垂れ桜は色が薄くなってきたが代わりにモミジの新緑、、

 

7

石垣・玉垣の南東角(奥)の枝垂れ桜も花の盛りは終わった、

代わりに手前の八重桜・普賢象が咲き出した。

 

8

時間帯が悪ご覧になりにくいが花の雄しべは二本の象の牙のようで普賢菩薩が乗る象から名付けられたとも、、

 

初夏らしくなってきたが桜の花びらや心棒の顎が落ちるので掃除は大変、、、

 

 

 

 

 

 

 


今晩も町会の防犯パトロール

いつもお伝えしているが澤蔵司稲荷の地元・表町町会有志の町内の防犯パトロール

 

書院奥の書斎で書類の整理をしていたら拍子木の音が、、、

裏の道から音が聞こえてきても境内に到着するまでは5分くらいかかる。

 

境内でお待ち受け、、、

気候は冬に比べ楽にはなったが続けられている事に感謝。

 

1

桜へのライトアップは終わっていて寂しかったのでフラッシュで、、

何故か光量不足で桜が浮き上がらなかった、、

 

今晩は少人数だったがチビちゃんも同道。

 

お手伝いが出来ないのでせめてものお待ち受け。

町内数コースに分かれてパトロールをしている。

有りがたい事だ。

お気をつけて!! 


Before & After

今月に入ってからずっと気になっていた境内の公道に面する石垣の下や歩道の雑草。

ただ今月は大本山増上寺の御忌法要や 澤蔵司稲荷  春季例大祭等々行事が続き手をつける事が出来なかった。

 

本日午前中にやっと時間が、、、

 

作業前

1

境内は緑が多く目立たないがこのような場所のド根性雑草は目に付く。

石垣下のこの隙間でよく育つもんだ、、

 

作業途中

2

副住職は不在だったが次女が子供(外孫)を幼稚園に送った帰りに寄り完全防備で手伝ってくれた。

まだ年少さんに入園したばかりだが普段「草も生きているからむやみにむしったり踏んじゃ可愛そうよ」と教えているようでこの作業は手伝わせたくても「暫くは無理ね」と言いながら黙々と、、、、

確かに雑草と言えども名も知らぬ可憐な花を咲かせていたり、、、

 

二人だったので石垣の下部、ガードレールの支柱付近の目立った雑草は意外に早く綺麗に、、

また直に伸びるだろうな、、

境内も同様

 

PS

先程、友人の機長さんは米西海岸から帰路に、、

 

10時間以上の飛行の場合は機長さんやクルーは2チーム編成。

11

離陸時は別の機長さん達が、、 多分後半から着陸までの担当か??

 

機種はBoeing777

クルーが交代で休む事が出来るコクピット後ろ上部の天井裏のクルーバンク写真も、

12

手前がシートでカーテンの後ろはベッドルーム VY TNX!

 

御安航祈念


境内の桜吹雪、

今年の境内のソメイヨシノは開花後も朝晩結構寒く綺麗な花の時間が長い。

 

境内点描

1

紫木蓮も数年咲かなかった。

日陰を提供していた上部の桜を昨春強剪定。

陽が入るようになったか久しぶりに、、、、

 

2

藤の花芽も大きくなってきた。

 

3

参道階段横の枝垂れ桜

 

 

昨日は22度ほどに気温が上がり今日も穏やかなお天気に、、

 

ソメイヨシノの桜吹雪も本格的に、

4

ご覧になりにくいが綺麗に舞っていた。 

このブログは動画でのアップが出来ない。

 

5

お昼前、午前10時頃。

  向拝の階段は朝の勤行前から三回ブロアーで掃除をしたがこのように、、

 

6

階段上の吹き流しも横になびき花吹雪綺麗だったのだが、、、

意外と撮影が難しい、、、

 

今晩も先程、境内のライトアップを始めた。

 

PS 20:50

今晩は早めに消灯

7

もしかすると今晩が最後、、、

普賢象のふくよかな八重桜が満開になったらスポット的に再度照明するかも、、

お楽しみに!

 


快晴!! 桜の花吹雪

昨日は低気圧通過で一日中、本降りの雨で寒かった。確か最高気温は10度前後、、

 

打って変わって本日は朝から快晴!

 

東京地方の開花宣言は3月21日だったがその後寒くなり本格的に見頃になったのは今月に入ってから、、

 

午前9時半頃にお詣りの方を本堂  向拝からお見送りしたら結構風も有り桜の花吹雪が綺麗だった。

ただ所用で実際に境内に出る事が出来たのは午前11時頃。

 

大分、風は弱まってしまっていた。

1

写真を縮小したのであまり花びらが見えないが、、

 

2

 

3

掃除が大変だ〜

 

境内 南東角の公道(善光寺坂)から見上げた枝垂れ桜

4

私の好み通りだいぶ玉垣から枝が外に伸びてきた。

11年前にこの江戸時代からの石垣を全面解体修復工事。

上部の玉垣は新しく国産の小松石にビシャン仕上げを施し再興。

その記念に植樹をした。

 

境内側から、

4

もう少し石垣から離そうかと思ったが枝垂れの枝を玉垣から覆い被さるように外に出したかったので、、、

 

まだ蕾も多く暫く楽しませて貰えそう、、

6

 

正面階段付近

7

奥のピンクもやはり枝垂れ桜

 

8

こちらもこんな感じ、、

モミジの新緑も濃くなってきた。  奥のイチョウも、、

 

9

道路から見上げると、、、

イイですね! このコントラスト!! 自画自賛、

 

10

11年前の石垣工事で玉垣を新調する時に頂いた江戸消防記念会「第四区」と「元六番組」の親柱。

裏側は「第四 筒先道具中」と刻まれている。

 

お狐さんのレリーフは江戸時代、日向・延岡藩からの御寄進。貴重なのでそのまま、、

 

2006年12月3日のブログでご紹介  http://blog.takuzousuinari.com/?day=20061203

 

12年前にこの石垣工事の進捗状況をお伝えしようと始めたブログだった、、、、

以来、約3500件ほどアップしているが簡単にブログ内で検索できるので便利。

その為にブログ画面の右側に目障りだが各月をバナーで、、、

写真はおよそ10000枚、、、

 

PS  午後8時 記

 

今晩は未明から雨との予報でライトアップは躊躇。

消灯後の片付けが大変なので、、、

しかし薄暮の頃から観桜の方が、、

 

今晩の点描

一昨日より枝垂れ桜が綺麗になったのでライトの方向を変えた。

20

奥の枝垂れにもライトを一灯増やして二灯にしたので奥行きが、、、、

 

22

 

23

 

24

 

いつまでライトアップ出来るか分からないので今晩お楽しみ下さい。

 

 

 


江戸消防第四区「区旗」 町火消六番組「組旗」

九日に澤蔵司稲荷 春季例大祭が厳修された。

 

そのおり私の挨拶のあと日頃大変お世話になっている江戸町火消の伝統を継承する元「六番組」「六睦」並びに江戸消防記念会第四区二番組・元「な組」組頭・第四区総代の高柳氏をご紹介。

高柳総代は大戦後になくなっていた第四区の「区旗」と六番組の「組旗」新調の発願をされた。

非常に凝った刺繍で高額なので 澤蔵司稲荷 と御信者様からとしてほんの一分だがご協力させて頂いた。

 

大祭のブログ    http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170409 

 

江戸消防記念会 第四区「区旗」の完成図

1

素晴らしい琥珀生地に中央は木遣親聲会の「親聲」を市松模様 本金糸で刺繍。

周りには所属10組の纏(まとい)のデザインを銀糸で刺繍。

 

一方、六番組「組旗」は同じ琥珀生地に「元」を牡丹で銀糸の刺繍、その上に本金糸で「六」を、、、

2

両方とも白糸の仕付けのような線は保管する時の折ってたたむ位置のようだ。

刺繍が分厚く立派なので丸める事が出来ず三つ折りで保管をするとの事。

 

素晴らしい旗になりそうだ。また楽しみが増えた。ご縁に感謝。

 

5月には六番組の組旗、8月には第四区の区旗も完成予定で 澤蔵司稲荷で入魂式のご依頼も、、


明日は満月だが雨模様、、、、

明日は満月だが雨模様の予報が、、、

 

今晩も境内のライトアップ

 

朝晩は結構涼しいので枝垂れ桜も咲き出したがソメイヨシノもまだ健在!

21

 

20

 

本当はまだ大きくアップしたいのだがこのブログでは500ピクセルに縮小しなければ自動的にもっと小さくなってしまう、、、

 


境内の桜はまだ見頃、

昨日の 澤蔵司稲荷  春季例大祭は生憎の雨だったが夕方には雨も上がりライトアップも出来た。

観桜や撮影で楽しまれた方も多かった。

 

今朝はお日様は出ていたが空は薄曇り。

近所の幼稚園が入園式だったようで朝はピカピカのチビちゃん達がお詣りをしながら桜の下で記念撮影、、

来年は「入園・入学おめでとう!」の看板を作ろうかな??

 

普段でも登下校時にお詣りの園児や小学生も多い。

多分、小さな時からご両親達とお詣りに来ていたからだろう。

元気で成長して欲しい。

 

9

 

8

 

11

 

薄曇りだったのでちょっと残念、

 

7

 

12

 

6

 

5

この枝垂れ桜は10年ほど前に石垣と玉垣の解体修復工事後に記念樹として植えたまだ若木だが思惑通り玉垣から道路の方に枝が伸びてきた。

下の歩道をお歩きの方も思わず見上げている。

 

4

階段横の八重の枝垂れ桜

この枝垂れも公道側に越境、、

平地での枝垂れ桜は地面に枝が触れるとそれ以上伸びない。

当たり前の事だが、、、

 

3

イチョウの大木も芽吹き緑色になってきた。

 

2

 

1

 

10

 

青空だったらもっと綺麗に撮せたのだが、、、

 

ソメイヨシノはまさに満開。

しかし枝垂れ桜は五分咲き、これから八重の普賢象の大輪の八重桜も咲く。

 

もう暫くお楽しみ頂ける。

今年は昔の例年通りで入園・入学・入社式の頃とドンピシャだった。

 

明日はまたお天気が悪そうだが今晩もライトアップは予定、、

早めに消灯するかも、、、

現在、12灯でライトアップしているので片付けが、、、、


再度 境内のライトアップ

本日のブログでお伝えしたが今日の 澤蔵司稲荷  春季例大祭は生憎の雨模様だった。

 

夕方、ご開帳の 澤蔵司稲荷  御尊像を御神殿に御遷座や後片付け。

 

しかし夕方からは雨もやみ境内のライトアップ出来そうなので昨晩全部撤収したライトを再度設置。

 

午後6時前に再度点灯。

14

庫裏二階から

 

13

 

15

 

12

お月さんも雲に隠れながら、、、、

 

11

参道正面階段脇の枝垂れ桜や一番奥の八重の枝垂れ桜も色が付いてきた。

 

10

昨晩三脚をお持ちになりリベンジに来られた女性も旦那様とご一緒に、、

今晩天気が回復したらライトアップしますとお伝えしてあった。

たまたまお会いした。

 

天候の回復と日曜日との事で多くの方が静かに撮影や観桜にお出でに、、、

 

ご満足頂けたか、、、  今晩のライトアップは躊躇したが点灯してヨカッタ!!


澤蔵司稲荷 春季例大祭 厳修

残念ながら東京地方は朝から予報通り雨模様。

 

1

 

春季例大祭のみ本堂奥の御神殿のお厨子に安置されている 澤蔵司稲荷  御尊像のご開帳

2

 

正午(午の刻)から護摩での御祈願

3

雨にもかかわらず多くの御信者様にお詣りを頂いた。

 

3

 

5

 

6

 

ご開帳の 澤蔵司稲荷  御尊像を前に清々しい気持ちでお護摩を焚く事ができた。

祈願帳へご記帳のお名前も、、

 

 

護摩厳修後にご挨拶

7

副住職と御神殿のお厨子を開き 澤蔵司稲荷  尊像をお迎えする時に秘仏の太田道灌公の念持仏の説明をした。

副住職からこの念持仏の十一面観音様は自坊で一番古い仏様かも、、と。

 

 澤蔵司稲荷  御尊像を本堂のお厨子に御遷座頂き気になったので太田道灌公の生い立ちを、、

太田道灌公のお生まれは室町時代初期永享年間。

驚いたのは昨年境内から見つかった板碑の新しい方は同じ永享十年(1439年)、

道灌公は永享四年(1432年)のお生まれ。 7年の隔たりが有るが。

 

太田道灌公の念持仏は縁起では傳通院塔頭寺院の自坊の学寮で浄土宗の勉学の時にもお部屋に置かれていたと伝わる。

道灌公の山吹の里の鷹狩りでの有名な句「七重八重花は咲けども山吹のみの一つだになきぞ悲しき」にちなみ戦災で焼けなかった参道水舎の蛙股の部分にはその情景が彫刻されている。 是非ご覧頂きたい。

 

板碑の古い方は北朝時代の暦應二年(1341年)

実はこの年は傳通院の前身である播磨坂に小石川談所(学問寺)をお建てになりのちに壽経寺を開山された浄土宗第七祖了譽繊月上人がお生まれになられた年でもある。

 

教育委員会の学芸員からも水道橋から白山、現在の学芸大学にかけては鎌倉街道の街道筋になるのでこの二基の板碑は間違いなくこの境内に奉納があったとお墨付きを、、

なんとありがたいご縁か、、  670年から600年ほど前の史実、、、

 

挨拶のあと 澤蔵司稲荷とは大変深いご縁を頂いている江戸町火消六番組(な組)現・第四区二番組組頭、江戸消防記念会第四区高柳総代もお見えだったのでご紹介。

特に高柳総代は戦前にあった第四区の「区旗」と元六番組の「組旗」を新調する事を発願。

第四区の区旗は素晴らしい琥珀生地に中央は親聲会の「親聲」を市松模様の文字で金糸で凝った刺繍を、その周りには所属10組のそれぞれの纏(まとい)を銀糸で刺繍。

六番組も琥珀生地に「元」を牡丹で銀糸、その上に「六」を金糸で刺繍、、、。

素晴らしい旗になりそうだ。

5月には六番組の組旗、8月には第四区の区旗も完成予定で 澤蔵司稲荷で入魂式のご依頼も、、

 

 澤蔵司稲荷だけではなく御信者様のお気持ちもくみ金一封を寄贈させて頂いた。

 

高柳総代からのご挨拶と江戸町火消や第四区の歴史のご説明も、、、

8

本日も有りがたい一日だった。

また雨の中、御信者様や地元の皆様も有り難うございました。

 

PS

夕方から雨も上がり明るくなった。

昨日のライトアップでお会いした方も「まだなさるんですよね?」と、、、

本日は花が雨に濡れちょっと重そうなので迷うところ、、

ブログをアップしたら考えます、、、、

 

再PS

午後5時半頃から観桜の方がお見えなのでライトアップ始めました!

 


町会の防犯パトロール

 澤蔵司稲荷  地元町会の有志の方々による有りがたい防犯パトロール

 

11

 

実は普段のライトアップは10灯以上のハロゲンライトやLEDライトで照明するのだが今晩は雨の予報も有り庫裏二階のベランダから4灯のみ照明。

参道階段付近は照明していなかった。

500ワットの古いハロゲンの照明器具は防水機能がないので、、、、

 

無理にお願いして二枚目

10

昨日だったら桜も明るく照らされていたのに、、  残念、、、、

 

いつもご苦労様です!!!!


明日は 澤蔵司稲荷 春季例大祭

昨日は若干小雨も降ったが大本山増上寺での宗祖法然上人の御忌大会(ぎょきだいえ)も無事円成。

 

 澤蔵司稲荷  境内のソメイヨシノも満開でお伝えしたように枝垂れ桜も開花を始め昨日のライトアップは大勢の方々が楽しまれた。

 

昨日のブログ    http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170407

 

しかし本日は雨模様との事で昨晩 観桜の方がお帰りになった午後10時過ぎに消灯、ライトの撤収。

現在は曇りだがまた雨模様の予報なので今晩はライトアップは出来そうにない。

10灯ほどで点灯しているが半分ほどは防水機能がない、、、

 

境内には藤の花も芽吹きが

1

普通、藤の木は藤棚が多いが境内の藤は立木の樹姿で、、

戦災にも遭わずに残ったが伸びる蔓は剪定するので何十年も姿が変わっていない。

 

明日は 澤蔵司稲荷  の春季例大祭

2

残念ながら雨模様かも、、

お気をつけてお詣り頂きたい。お待ち申し上げております。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode