またまたアルペンスキー

本日も多忙で先ほど仕事から戻り録画をしてあった平昌冬期五輪の男子回転を、、

午後1時頃からLIVEでの放送の録画。

 

男子のアルペン競技は今日が最終種目。

回転競技は距離は短いが細かい旗門設定で技術系の種目。

 

残念ながら日本の湯浅選手は2本目にコースアウトで棄権。

 

1本目のタイムと2本目のタイムの合計で勝敗が決まる。

 

私が現役の頃は旗門は竹のポールだったので滑り方がまるで違う。

脛には野球でのキャッチャーのようなプロテクターを着けヘルメットには顎の部分にもプロテクターを、、

 

1

私の頃はこの場合は右腕でポールを押すように前に出し滑りぬけた。

 

2

 

3

 

優勝したスェーデンのA.MYARER選手の滑り。

4

 

5

 

6

ワールドカップランキングの1位・2位の選手は2本目にコースアウト、、、

やはりオリンピックには魔物が、、、、

ワールドカップ常勝でもメダル獲得は難しい。

 

スエーデン選手の金メダルは10大会ぶりで当時素晴らしいアルペンスキーヤーとして騒がれたステンマルクス以来の快挙と解説者が述べていた。

ステンマルクからもうそんなに時間が、、、

 

都内は朝から小雪も舞ったがそろそろ春が来るかな?

 


今日もアルペンスキー-

本日も多忙で昼間にアルペンの男子回転も放映が有ったようだが録画を取り忘れた、、、

 

夕飯後に録画を撮ってあったアルペン女子の滑降を見た。

 

結果はワールドカップ滑降のランキング1位のイタリア GOGGIA選手が金メダル!

 

1

ワールドカップ常勝の選手が金メダルを取ることも大変、、、

2位とは0.09秒差だった。

 

2

五輪には魔物が棲むとも言われている。

ランキング通りに金メダルは至難の技、、、

 

3

女子でも120キロを越える地点も、、、

 

4

 

5

 

スピードスケートのパシュートもオランダとの決勝が決まったようだ、、、

見に行こう、、、 この部屋にはテレビが無いので、、、、

 

PS

 22:00 速報!

   女子パシュート、オランダに中盤逆転されたがオリンピックレコードで圧勝!!!

   おめでとう!!!

           4年後への自分のメモ、、

 


今日は明暗を分けた「羽生」の日

オリンピックも佳境に差し掛かった。

 

本日も多忙だったので先ほど録画で、、(^_^;)

 

先ず将棋界では午前中からの朝日杯で藤井五段が羽生善治二冠に勝利して午後には決勝戦で広瀬八段に勝ち優勝。

先日、中学生として史上初の五段になったと喜んだが本日の勝利で六段に。

おめでとうございます。

 

一方、五輪ではフィギュアで羽生結弦選手が大怪我から奇跡の復活で五輪二連覇!

銀メダルは宇野選手が! ワンツーフィニッシュ!! 凄い!!!

明日の表彰式が楽しみ。

1

 

 

私は相変わらずアルペンスキー。

本日は女子アルペンのスーパー大回転。

先日の大回転より旗門の間隔が広まり高速ターンの競技。

平均時速は100キロ近くに、、、

4

 

空中を飛ぶ距離も伸びることも、、、

2

 

果たして、、

結果はアルペン強豪国のオーストリア、イタリア、フランスの選手を押さえ0.01秒差でチェコのLEDECKA選手が金メダル!

あの長いコースで0.01秒差はフィニィシュでの距離差は20センチ程だったのでは、、、

2位と3位は0.1秒差。

3位の銅メダルと4位の差も0.01秒だった、、、、

5

まさに一本勝負のスーパー大回転だが厳しい競技。

 

 

PS スマホがアップグレードで一部に不都合が有りご迷惑をおかけしているかも、、、


本日は旧暦の元旦

本年の旧暦の元旦は暦の妙で例年より遅く本日だった。

暦の上では二十四節季の立春を含め新たな年が始まる。

01

自坊では特別な法要はなかった。

 

しかし中華系の国々では昨晩の大晦日は花火や爆竹で大騒ぎだったのでは、、、

 

臺湾に滞在する友人の機長さんも初詣に、

台北で有名な行天宮の写真をFBから無断で拝借、、

1

 

本日も多忙でオリンピックの生中継は見ることが出来なかった。

フィギュアスケート男子ショートでは羽生選手等の完璧な演技で夕飯の時のニュースでもトップで、、

 

昨日もお伝えしたが私はアルペンスキー。

本日はアルペン女子の回転競技。

 

録画をしておいた。

二本滑っての合計タイムで競い合うが一本目は、、

第一スタートのスイスHOLDENERの滑り。

2

48.89秒で早かった!

 

昨日の大回転で金メダルのUSA SHIFFRINの滑り。

3

第四スタート

 

彼女は前回ソチ五輪での回転の金メダリスト。

4

しかし早かったHOLDENERに0.48秒及ばなかった。

 

日本の安藤選手は途中棄権だったようだ。

二本目は見ていないので誰が金メダルをもぎ取ったか?

 

明日はスーパー大回転だがフィギュアーの放送で見られるのか??

 


本日は涅槃会

師走から新年の諸行事や法要が続いた。

今月に入ってからも節分追儺式(豆まき)や稲荷の初午祭で多忙だった。

11日の建国記念日の行事後に気が緩んだのか二日ほど体調不良だったがお陰様で元気に、、

 

本日はお釈迦様が入寂された「涅槃会」

各寺院でも様々な法要が勤められたのでは。

 

実際に入寂された日にちは不明とも言われているが南方仏教では沙羅双樹下で入寂された日とされウェーサカ祭とも呼ばれ満月の日に当たり旧暦の2月15日になる。

本年の旧暦では3月31日の満月の日に相当する。

 

古いブログ  http://blog.takuzousuinari.com/?day=20100315

 

明日は旧暦の元旦。

境内の福寿草(元旦草・朔日草)もまさに満開になり葉も伸び出した。

1

 

 

閑話休題

現在、韓国平昌で冬季五輪の真っ最中。

スピードスケートやジャンプ、ノルディック複合でも日本選手にメダルが、、、

 

私は学生の頃にアルペンスキー競技をしていたのでどうしてもアルペンに、、、

しかしワールドカップでもなかなか滑降・大回転・回転競技は放送が少ない。

 

本日は悪天候で順延になっていたアルペン女子の大回転が石川県出身の石川晴菜選手が出場との事でLIVE中継が有った。

生憎その時間は仕事で先ほど録画で見た。

2

 

3

金メダルはUSAのSHIFFRIN選手だった。

 

やはり本チャンの滑りは凄い。

残念ながら石川選手は33位にとどまった。

 

日本選手の活躍は少ないがアルペンを見ないと冬季五輪がやってきた気がしない。

独り言、、、、

 

 

 

 


針供養

本日は「針供養」(事始め)

 

若い頃は関係寺院で針供養の法要がありお手伝いに出かけた。

その寺院の近くに和装学園があり日頃使った「針」の供養のため生徒さん達が境内の観音様の前に設えられた祭壇に置かれた大きなお豆腐に日頃使い込んだ針に感謝を込め優しく刺して納めた。

 

最近は厳修されているかは分からない。

 

自坊では一連の新春行事も昨日の「初午祭」で一段落。

毎年の事だが怒濤の新春だった。

 

本日は後片付けのついでに境内に出るとお伝えしている「福寿草」(元旦草・朔日草)も更に可憐に、、、、

6

大きな(直径5冂)の花には細かい葉も伸び出していた。

暫くこの寒い季節に楽しませてもらえる。

 

ニュースでは北陸や北日本では大雪。

福井県では災害救助の要請で自衛隊も出動。

国道8号線では1000台以上の車が二日間ほど立ち往生。

お住まいの方々も大変な思いをされているのでは、、、

お見舞い申し上げます。

 

臺湾でも東部 花蓮付近で大きな地震があり犠牲者や被害も、、、

青年会は動いているのだろうか、、

お見舞い申し上げます。

 

 

 

 


初午祭

本日は暦の上で初午。

 

澤蔵司稲荷でも午の刻(正午)から初午祭を厳修。

 

1

 

5年前に副住職は私の護摩のお師匠様である平泉 中尊寺御貫首のご配慮を頂き仲間と3人で二十一ヶ座の護摩修行の伝授を頂いた。

浄土宗には護摩の修行道場はない。

 

成満後、初午祭だけは副住職が護摩を焚く。本年で6回目。

2

祭文の奉読。

私は脇座。

 

3

 

4

いつもの法類御住職だけではなく護摩修行の同行の二人と副住職の友人一人もわざわざ群馬から出仕してくれた。

入・退堂は雅楽の笙・篳篥・龍笛の三管で、、

 

5

 

護摩は正式には六段護摩、 二時間以上時間がかかる。

秘密三段護摩でも一時間半ほど。

副住職は本尊段だけで修行したがそれでも45分ほどかかった。

 

お陰様で師走から新年の越年護摩、様々な新年の行事・法要、先日の追儺式豆まきの行事も滞りなく厳修する事が出来た。

 

北陸や北日本では大寒波で豪雪。

都内でも毎朝、最低気温が氷点下になり禊ぎ観音さまの手桶の水も凍る。

 

皆様方もお体には充分ご留意頂きたい。

お陰様の一日。

 

 

 


江戸町火消 元・六番組 定式(月例会)

毎月、お伝えしているが江戸町火消し「六番組」であった「元六番組」「元六睦」の月例会。

六にちなみ毎月六日に澤蔵司稲荷書院で開催されている。

 

正月だけは東京消防庁の「出初め式」だったので1月8日に開催された。



所属、元・六番組の頭取中(組頭・副組頭・小頭) が集まる。

江戸時代の町火消しの組織「いろは四十八組、本所深川十六組」は明治時代になり明治5年に「市部消防組」として改編。

その後、近代消防に移行したことに伴い江戸時代の火消しの文化・伝統等を継承する為に江戸消防記念会の前身組織が明治後期に組織された。
現在の「一般社団法人 江戸消防記念会」は 全体で11の区で組織されている。

 

 

小石川の地元は現在、江戸消防記念会第四区で二番組だが江戸時代には六番組「な組」として町火消しを担っていた。
その江戸時代の「六番組」はその組織を継承するために現在でも「元六番組」「元六睦」として現在の江戸消防記念会第四区とは所属がダブる組とダブらない組もあるが受け継がれている。
第四区では「な組」(現・二番組)「む組」(現・七番組)「う組」(現・二番組)が所属。
第三区と第九区の一部が近年復活して組頭・副組頭・小頭等30名ほどの頭取中がお集まりになるので書院も手狭、、、

「お手頭を拝借」で開式の一本締め

1

我々は会議での開式・閉式はお十念だが、、、

 

一ヶ月間の報告や御礼等が、、、

2

 

本年は江戸町火消が制定されて三百年の記念すべき年に当たる。

 

閉式後、目黒・祐天寺へ、

3

袢纏の腰の部分の白抜きの本数で何区か識別できる。
第四区は四本、第三区は三本、第九区は九本。
奇数の区は直線で偶数の区は曲線で波打っている。
役袢纏と呼ばれているが組頭・副組頭は肩からの赤(朱色)の線は二本、小頭は一本で火事場での指揮系統は一目瞭然だった。

役袢纏の白抜き四本は第四区の頭取中

 

 

毎月、自坊書院での定式(月例会)のあとご縁の有る神社仏閣にご参拝。

これも伝統の継承と先達への遺徳慰霊の為。

 

 

 

ご参考に、、、

第四区大旗入魂式のブログ

   http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170804 

 

大旗完成披露のブログ

      http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170827

    

 

昨年10月1日の木遣不動尊の大祭のブログ 

       http://blog.takuzousuinari.com/?day=20171001

   

 

また昨年11月20日から29日は来春の東京消防庁「出初め式」の為の梯子乗りや木遣りの稽古が境内や本堂・書院でおこなわれた。

  その時の稽古始めのブログ

               http://blog.takuzousuinari.com/?day=20171120

 

 椿山荘での第四区「大盃の儀」は1月10日に開催された。

  新春の「大盃の儀」のブログ

              http://blog.takuzousuinari.com/?day=20180110

               

 その後、境内に出ると福寿草(元旦草・朔日草)が昨日より綺麗に咲いていた。

4

    

   


立春吉祥

1

本日は暦の上では二十四節季の「立春」

寒も明けた。

 

お陰様で澤蔵司稲荷の恒例の節分追儺式豆まき行事も昨日無事に勤めることが出来た。

 昨日のブログ  http://blog.takuzousuinari.com/?day=20180203

 

立春を迎えると少しずつ春めいてくると言われるが予報では立春寒波襲来と、、

九州や北陸、北日本では大雪になると、、、

 

以前にもお伝えしたが月の満ち欠けで月がまる陰暦では季節感を保つために昨年は13ヶ月あったので本年の旧暦元旦は少し遅くなった。

2

お月さんが新月(暦では●朔)の16日が元旦。

中華系の国々ではすっかりお正月モードでは、?

 

境内の福寿草も先ほど見たら陽が陰りだしていたが結構多く開花していた。

3

この時期に開花するので別名「元旦草」「朔日草」とも呼ばれる。

まだ沢山、蕾がついている。

境内の他の場所でも、、、、

陽が陰ると一旦萎んでしまうのでそろそろ閉じてしまったか、、、、

 

1月は31日が望○で皆既月食がらみの満月だった。

その為に2月は満月は一度もなく3月にはまた満月を二回拝むことが出来る。

 

三寒四温とは言え寒い日がまだまだありそうなのでお体にはご留意を、、、


お陰様で節分追儺式も無事厳修

 

東京地方も1月22日には4年ぶりに20僂魃曚┐訛臉磴埜鯆無ヾ悗郎乱。

一昨日も雪模様で寒い日が続いた。

 

立春を明日に控え本日は節分。

 

澤蔵司稲荷では子供豆まきも併修しているのでどうしても土曜や日曜日に前倒しをして追儺式豆まきを執行している。

本年は3日が土曜日なので本日に。

 

快晴ではなかったが穏やかなお天気のもと豆まき行事をおこなうことが出来た。

 

午後3時から大護摩を厳修して3時半頃からの豆まきになるのだが既に3時前には境内には、、

1

既に地元の富坂警察署、小石川消防署と消防団の警備の方々も見守って下さっていた。

 

境内入り口には小石川消防団のチビちゃん達に人気のミニ消防車も、、

2

 

3時からの護摩供厳修に望むチビちゃん達の準備も書院で。

3

手製の裃姿に。

 

15

 

午後3時から追儺式の法要開始。

4

 

5

 

6

 

護摩のあと参加のチビちゃんに元気で良い子になりますようにと灌頂洒水。

7

 

 

いよいよ豆まき開始。

御総代のあとチビちゃん達も元気よく。

8

 

チビちゃん達は豆まきが続く中、本堂で集合写真。

9

 

10

 

11

 

最後に我々僧侶も豆まきをして無事にお開きに、、、

 

お陰様で境内のお子さん達も警備の方々に守られ無事に終了することが出来た。

 

ご参加の方々、境内にお集まりの方々、警備に携わって下さった方々のこれからの一年の心願成就、家内安全を祈念。

 

ありがとうございました。

 

これからも立春寒波の予報も、、

三寒四温も続きそうなので御自愛下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


明日は澤蔵司稲荷 節分追儺式&子供豆まき併修

天気予報通り昨日午後からの雨は夜半に雪に変わった。

予報では都心部も5僂曚匹寮兩磴有ると伝え心配していたが今朝は屋根瓦が白くなる程度で昼前には小雨に、、

1

昨日、午前中には職方が手際よく豆まきの舞台を完成させてあった。

 

明日3日は予定通り年男・年女の節分豆まきと子供豆まきを併修して午後3時に大護摩を厳修。

 

午後2時半頃に書院玄関前で受付を開始予定。

 

お陰様で例年の如く年男・年女のお申し込みを頂き特に子供豆まきのお申し込みは終了。

 

ご参考に1月30日のブログをペースト。

 

相変わらず新春の行事が続いているが2月3日の節分追儺式「豆まき」が迫ってきた。

 

1

 

次女は御徒町のアメ横のお菓子屋さんへ当日ご参加下さる年男・年女、チビちゃん達にまいて頂くお菓子の買い出しへ。

 

私が帰寺するとお菓子が、、

2

 

3

 

4

 

次女は昨年の買い出しの時は「爆買い」と間違えられ北京語の喋れる店員さんが来たようだったが今年は大丈夫だったと、、、、

爆買いも下火になった?

 

本当は本堂前の豆まきの舞台から遠くに飛ばせたいので硬いお菓子も欲しいのだがキャラメルやチョコレートのような箱のお菓子は顔に当たると危険なのでまけない、、

 

これからお一人分ずつまとめて袋詰め。

 

多忙で夕方のニュースを見ていないが前日、東京地方は雪模様とも、、

朝の天気予報で報じられていたが、、、

 

留守中にも当日の時間のお問い合わせも何件か有ったと聞いた。

 

ご案内の通り2月3日午後3時より本堂内で護摩を厳修。

その後、順番に裃に着替えて頂き  向拝の舞台から豆まきとなる。

 

子供豆まきの人数は10名さま程なので明日締め切りとさせて頂く。

 

年男・年女は厄除けも兼ねどなたでもお申し込み頂ける。

まだこちらは少し余裕が有りますのでご遠慮なく、、

 

昨年のブログ  子供豆まきも併修しているので昨年は1月29日の日曜日だった。

    http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170129

  

 


皆既月食

今晩は数年ぶりの皆既月食。

 

現在、お月さんは我々の地球に距離が近く大きめでスーパームーンとも呼ばれている。

巷では一ヶ月に二回満月が拝めるのは幸せが来るとか、、、、?

誰が言い出したのか、、?

 

 

旧暦ではお月さんの満ち欠けで月が決まっているので毎月十五日(月によって若干ずれるが、、)が満月。 

十五夜さん。

 

確かに今月は旧暦の11月15日が新年の1月2日。

今日は旧暦の12月15日で満月。 

旧暦では本年の元旦は新月(朔)の2月16日になる。

 

今晩、東京地方は天気予報が外れ全く雲が無く満月がよく拝めた。

1

午後9時頃、、

 

9時半頃には欠け始め地球の影に入り出した。

2

9時50分頃には地球の影に入りながら大気の屈折で欠けた部分が赤く、、、

その後、全部欠け皆既月食。

月食は日食のように影で真っ黒にならず赤銅色で幻想的、、

地球の大気はリンゴに例えればその皮程の薄さだがそこを通過する太陽光線の赤系の光線が拡散する為。

 

カメラが簡易のデジカメで手持ちなのでこの程度、、、ご容赦を、、

 

境内で撮影している時にはご近所?の大勢の方がご覧になったりカメラで、、

今晩のフェースブック等は皆既月食の話題で賑やかなのでは、、、

 

私は旧暦とお月さんの事は仕事でも使うので毎晩のように境内で見上げているが普段は満月でもこんなに大勢の方々がお出での事は無い。

昔、隅田川花火大会は両国付近で打ち上げられ高台にある境内からよく見えたのでご近所の方も大勢集まり一緒に見た若い頃を思い出してしまった。

 

浄土宗宗祖法然上人の御歌に

「月影のいたらぬ里はなけれどもながむる人の心にぞすむ」

 

普段、もっとお月さまを「ああ 美しい、有り難い、、」と拝む時間が欲しいものだ。

 

子供の頃は庭に面する縁側に机を置きお団子をお供えしてススキを活けお月様は拝む対象だった。


節分 追儺式 豆まき準備

相変わらず新春の行事が続いているが2月3日の節分追儺式「豆まき」が迫ってきた。

 

1

 

次女は御徒町のアメ横のお菓子屋さんへ当日ご参加下さる年男・年女、チビちゃん達にまいて頂くお菓子の買い出しへ。

 

私が帰寺するとお菓子が、、

2

 

3

 

4

 

次女は昨年の買い出しの時は「爆買い」と間違えられ北京語の喋れる店員さんが来たようだったが今年は大丈夫だったと、、、、

爆買いも下火になった?

 

本当は本堂前の豆まきの舞台から遠くに飛ばせたいので硬いお菓子も欲しいのだがキャラメルやチョコレートのような箱のお菓子は顔に当たると危険なのでまけない、、

 

これからお一人分ずつまとめて袋詰め。

 

多忙で夕方のニュースを見ていないが前日、東京地方は雪模様とも、、

朝の天気予報で報じられていたが、、、

 

留守中にも当日の時間のお問い合わせも何件か有ったと聞いた。

 

ご案内の通り2月3日午後3時より本堂内で護摩を厳修。

その後、順番に裃に着替えて頂き  向拝の舞台から豆まきとなる。

 

子供豆まきの人数は10名さま程なので明日閉めきりとさせて頂く。

 

年男・年女は厄除けも兼ねどなたでもお申し込み頂ける。

まだこちらは少し余裕が有りますのでご遠慮なく、、

 

昨年のブログ  子供豆まきも併修しているので昨年は1月29日の日曜日だった。

    http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170129

  

 


福寿草

旧暦の元旦の頃に咲くので「元旦草」「朔日草」とも呼ばれている「福寿草」

 

20日の「大寒」の頃に芽吹き蕾も膨らみかけたが22日の午後から本格的に降り出した雪は未明まで続き東京地方は4年ぶりに20僂魃曚┐訛臉磴法◆◆

その後、昨日までは朝の最低気温は氷点下、日中でも最高気温が4度程の寒い日が続き境内の雪もまだ所々に残っている。

 

「大寒」のブログ     http://blog.takuzousuinari.com/?day=20180120

 

本日は最高気温が正午頃には9度になり福寿草にかぶっていた雪も溶けた。

日差しもあったので先ほど見に行くと一輪が、、、

 

1

 

2

この場所でもこれから沢山咲いてくれそう、、

 

一年ぶりのご対面。

3

 

もう少し花が開き茎が伸びると葉も生えてくる。

夕方、陽が陰ると花は一旦萎んでしまう。

また明日、陽が昇ると開く。

 

境内の数カ所で咲くが可憐で小さな花なのでお気づきにならないかも、、、、、


法類寺院の新春「初不動祭」厳修

本日午後から副住職と共に文京区春日にある慈眼院とは法類(特別な関係にある寺院)の西岸寺へ出かけた。

西岸寺「日限 ひぎり 不動尊」の新年初大護摩祈願が厳修される為。

本日は「庚申の日」でもあった。

毎年お不動様の御縁日の1月28日には48年ほど前に浄土宗の僧侶の資格(傳宗傳戒道場成満)をいただいてから護摩供の太鼓を叩きにお邪魔していた。
御先代住職が御遷化されてからは私も護摩修行が済んでいたので護摩供も焚かせて頂いていた。

しかし自坊副住職と同学年の西岸寺副住職、友人と共に護摩の修行を成満して5年前から西岸寺副住職が護摩供を厳修するようになった。

私は卒業。

道路側から見た西岸寺「不動堂」。
1

平成8年の書院再建前は境内に独立した木造の不動堂が有った。
現在は書院と一体化された建物(お堂)になった。
 

西岸寺御本堂。
2

まだ境内には22日(月曜日)に降った雪がここの所の寒さで残っていた。


不動堂内陣、

大きな唐金のお不動様。

3

縁起では寛文11(1671)年の建立と伝わる。昔は願をかけた時には5〜7日と日を限ってお詣りをしたようだ。
以前の本尊不動明王像は石仏だったが昭和20年の空襲で被災し不動堂再建のおりに大きな唐金のお不動像を建立してその胎内に石仏のお不動様を納めた。

午後2時から御本堂で御回願後に不動堂で護摩供。
 

4

正式に六壇護摩を厳修すると2時間以上かかる。
澤蔵司稲荷でもそうだが「本尊壇」のみの護摩供。

本来、天台宗護摩では三角に護摩木を積むが昨年から井桁に、、
 

自坊の副住職は「承仕 じょうじ」(護摩のお手伝い役)として行者(西岸寺副住職)のサポート役。
私は太鼓を叩かせて頂いた。


護摩の後半では「お札様」の御加持。
無事、厳修。

護摩作法は基本的には同じだがお不動様の祀られるお寺ではそのお寺の伝統にもより微妙に異なる。

来年の為に「差定」,,式次第をアップしておく。
私の為に、、、、

5

 

 

まだ自坊では2月3日の節分追儺式(豆まき)や2月7日の初午祭と新年の行事が続く。

 

20日に大寒が過ぎましたが東京地方も寒い日が続いています。

インフルエンザも流行しているようですので御自愛下さい。

 

 

 


都内も今朝は氷点下4度C

寒波の影響で北陸・北日本では大雪。

中部地方も降ったようで昨晩から東海道新幹線も関ヶ原付近の降雪で遅れが出て昨晩の東京駅着の最終列車は3時間遅れで午前3時頃に到着して数百人の乗客が朝まで車中泊を余儀なくされたと報じられていた。

 

昨晩の予報通り都内の今朝の最低気温は氷点下4度C。

 

参道の禊観音(水掛観音)さまの前に置かれている手桶の水も結構厚く氷が、、、

1

 

片方はお詣りの方が石か何かでお割りになりお使いになられたよう、、

2

 

観音様は先日もそうだったが氷のお衣姿に、、

3

 

参道手前の手水舎の水盤も凍ってしまった。

4

屋根があるので先日の寒さでは手桶の水は凍ったがこの水盤の水は凍らなかったのだが、、

 

都心部はヒートアイランド化が進みここまで寒くなった事は久しぶり、、

 

若い頃、朝の勤行後に本堂回り廊下を雑巾がけすると白く凍ったり本堂内の花瓶の水が凍ったことも有った。

 

昼間も気温がそれほど上がらず道路に残った雪も溶けなかったので夜に再び凍ることもなさそうだが足下にはお気を付け下さい。

 

本日は浄土宗宗祖法然上人の詳当の御命日。

今から800有余年前、建暦二年一月二十五日(1212年)にお浄土へ旅立たれた。

その日もこんなに寒さが厳しい日で有ったのか。 南無阿弥陀佛

 


本駒込 常徳寺 新春 身代り地蔵尊祈願会 厳修

午後1時過ぎに文京区本駒込の慈眼院と法類でもある常徳寺に出かけた。

本日はお地蔵様の新年の初地蔵の御縁日、、

午後2時から例年恒例の「身代り地蔵尊祈願会」が厳修されるので出仕。

常徳寺山門

1

山門をくぐりすぐ左手に地蔵堂が有るのでお詣りの方は参道。

境内には一昨日の4年ぶりの都内での大雪の名残雪が、、、

毎年の事だが防寒の為にテントが張られ暖房機も、、、、


地蔵堂の身代り地蔵尊

2

お地蔵様の背後には御先代住職の発願で壇信徒様から御寄進された千体地蔵尊。

 

天井にも先代住職の拘りが、、

5
千体地蔵尊は予定の約半分が奉安されたようだ。
私も先祖供養のために御寄進(奉安)させて頂いた。

 

3
まだお申し込みは可能。

本年は新たに六体のお申し込みが有り法要中に開眼され奉安された。

常徳寺には江戸期に恵心僧都作と伝わる身丈7尺ほどの立派な「身代り地蔵尊」が祀られ多くのお詣りの方々が有ったとお聞きしている。
江戸名所図絵には常徳寺より地蔵堂の方が大きく描かれている。
残念ながら昭和20年5月25日の空襲で消失した。

御先代住職が発願され平成14年に参道左手に現在の地蔵堂が落慶して新しく造立されたお地蔵様が奉安された。
お地蔵様の周りには白檀の大きなお数珠が一周の設え、法要でのお焼香の後は一周する事が出来る。

4

法要前には講堂で清興の落語が、、

桂 米太朗師匠の落語

6

皆さん和やかに楽しまれていたが残念ながら米多朗師匠の高座も法要準備時間の関係でお聞きする事が出来なかった。


定刻の午後2時に地蔵堂に向かう前に本堂向拝で入堂する作法。

地蔵堂 御祈願開始


7

私も太鼓を叩きに毎年お手伝いで随喜(出仕)
8

御祈願中にお詣りの御信者様もお焼香

9

お焼香のあとお詣りの方々はお数珠に触れながら(撫でながら)お地蔵様の周りを一周。
白檀のお数珠も16年以上が経ちだんだん飴色に年季が入ってきた。

 

参道は住職の配慮で暖房機も置いてあったがお寒かったのでは、、

 

お詣り皆様の本年のご健勝・家内安全・心願成就を祈念。

 
TNX Fhoto by 常徳寺 Staff


4年ぶりの大雪

昨日、午後から予報通り降り始めた都内の雪。

 

昨日のブログの通り夜半には止んだが4年ぶりの大雪。

ニュースでは都心部も23僂寮兩磴函◆◆

1

 

境内の公道に面する50団は坂道、、

歩道も一面の積雪。

通学・通勤にも多くの方が利用しているので滑らないように朝の勤行後に除雪。

3

歩道は副住職が平スコップで担当。

 

2

 

4

今朝は雪も止んでおり暖かくなるとの予報でも有り少し手抜き、、、

 

5


数年ぶりに東京に「大雪警報・警戒」

数日前からの天気予報で本日は南岸低気圧の通過で東京地方23区でも降雪の予報が、、

 

案の定、朝の勤行の後からは霰が降り始めた。

しかし気温は3度程有ったので心配はしていなかったが正午に近づくと気温も1度程になり雪も、、

 

午後2時頃からは結構本降りに、、

 

愚息は増上寺へ夏タイヤで出かけたので心配したが無事に帰宅。

 

午後5時頃の境内。

1

 

2

積雪は6冂と報じらていた。

 

3

上に樹木の枝があるので参道はこの程度、、、

 

4

表の道路は坂道が急なので雪が積もると車の通行が少なくなりすぐ雪国に、、、

 

雪は今晩がピークだと報じられているがこの通りは通学路でも有り明朝、皆さんが歩くと圧雪で滑りやすくなるので今晩雪かきかな、、、、

 

現在、気温は氷点下に、、

5

 

PS

午後7時頃には積雪13僂らい、、、

もう峠は過ぎたか、、、、

6

 

PS

午後9時

積雪は20冂兇┐燭な、、、、

30

 


江戸消防記念会第四筒先・道具中「新年の式・大盃の儀」

澤蔵司稲荷とは深いご縁の有る江戸消防記念会第四区(だいしく)、並びに木遣り親声会。

先日も椿山荘・錦水での「第四区頭取新年の式・大盃の儀」に来賓として参列させて頂いた。

1月10日の椿山荘での第四区頭取中の大盃の儀のブログ
    http://blog.takuzousuinari.com/?day=20180110
  
本日は江戸消防記念会第四区の「第四 筒先睦」(第四 筒先・道具中)の新年の式「大盃(おおさかずき)の儀」が澤蔵司稲荷で執行された。

本日は午後1時の開式予定で午前11時頃には筒先・道具中が集合して準備が始まった。
書院での打ち合わせや本堂での準備

 

3
 

先日の椿山荘での頭取新年の儀の大盃は輪島塗で第四区所属10組の纏(まとい)の描かれた酒器だがこちらは少し小振り。

第四区の立派な酒器は先日のブログでご紹介済み、、、

3
しかし小さな酒器だがお盆、酒器、盃にも「第四」の紋が描かれている立派な酒器。

 江戸消防記念会は東京都の23区(江戸川・葛飾を除く)を江戸町火消に倣った旧6地区と昭和23年以降に加入した5地区の計11地区に地域割りし、これを「区」と呼んでいる。
区の下に「組」を設け、これを番組と称し、その総数は87組に及んでいる

各組には独自の纒が1本ずつ配置され、その纒を中心に組織的な活動を行っている。

会員は正会員(組頭・副組頭・小頭)と準会員(筒先・纒持ち・梯子持ち・若衆)併せて約800名。
各区の組頭の中から、総代・副総代・幹事を各1名選出し、更に総代から会長・副会長を選任し記念会を運営している。
また、会員は火消気質と言われる良い意味での「義理と人情と痩せ我慢」を信条とし、祖先を崇拝し、目上を敬い、古い伝統やしきたりを重んじるという日本人的日本人の気質をもっており、このような共通した人間性を柱とした固い結束が会の支えとなっている。

その為、本日の筒先中・道具中は準会員であり「第四区」は名乗れず「第四 筒先・道具中」

澤蔵司稲荷に奉安されている木遣り不動尊の前に「睦」の軸が掲げられた。

1

 

8年前に第四区から奉安された「木遣不動尊」

2


午後1時から来賓もお揃いになり澤蔵司稲荷本尊前で護摩供。

4

 

5

 

6


護摩供後、脇陣の「木遣不動尊」前で御祈願。

その後、堂内の設えを大盃の儀の為に準備。

「大盃の儀」
本年の年番(月番・輪番)は「四番組」

「大盃の儀」開始の「口上」

7

 

年頭「大盃の儀」開会の「お手頭拝借」後の大盃。

上席から「大盃」の奉盃
主催者である「第四 筒先睦総職」への大盃

8
 

続いて来賓の第四区総代へ、
9

私も頂戴した。

 

一巡して「大盃」は納めらた。

10

 

祝いの新年の木遣り奉唱

11

フラッシュが焚けず失礼。


その後、新総職の挨拶、

12

来賓の総代の祝辞と共に私も祝辞と御礼を申し述べさせて頂いた。

 

13
目出度く木遣りと手締めで納められた。
毎年の事だが若い衆の凛々しい姿に感激。

しかし第四区は良き指導者に恵まれ頼もしい限り、、、

本年も桜の頃や11月の紅葉の頃にはそれぞれ10日間ほどの梯子乗りと木遣りの稽古が澤蔵司稲荷境内と書院でおこなわれる。

本年のご活躍と繁栄を祈念。


足かけ8年前の2010年10月に澤蔵司稲荷に奉安された第四区木遣り親声会の「木遣不動尊」

2010年10月10日のブログ

http://blog.takuzousuinari.com/?day=20101010

2010年10月11日のブログ
http://blog.takuzousuinari.com/?day=20101011

これは是非ご覧頂きたい、、、

 

この儀式も門外不出、一般の方はご覧頂けないが先日の椿山荘での新年の式と同様に皆様にも是非ご紹介がしたく写真を撮らせて頂いた。

本日の儀式は護摩供以外は副住職が撮影。

 

これからも初地蔵尊祭、初不動護摩、、自坊でも節分追儺式(豆まき)、初午祭と2月迄続く、、

 

 


大寒

暦の上では本日は二十四節季の「大寒」

 

一年中で一番寒い頃とされるが東京地方は現在午後3時半頃だが外気温は10度c。

 

自坊境内は一番花の少ない季節だが水仙はまだ元気にお詣りの方の目を楽しませてくれている。

1

ちょっと盛りは過ぎたかも、、、

 

2

毎年、5月頃に球根を掘り起こし別の場所でも育てようと思っているが丁度その頃はお施餓鬼のシーズン突入で多忙な為に忘れてしまう。

 

本年の旧暦「元旦」は2月16日。

昨年は季節感調整の事も有り大小合わせ13ヶ月だったので本年の旧暦の元旦は例年よりも遅い。

 

そろそろ福寿草が芽吹いているのではと昨日仕事のあと植え込みの落ち葉をブロアーで飛ばすと花芽が、、、

3

福寿草は「元旦草」「朔日草」とも呼ばれ旧暦の元旦である今頃に芽吹き黄色い可憐な花を咲かせる。

 

もう数日で咲き出すのでは、、、

「葉見ずの花」とも呼ば最初は花だけで満開後に徐々に葉が伸びてくる。

境内の他の場所でも毎年咲くので植え込みの落ち葉をどかしてあげなければ、、、

 

22日の月曜日は東京地方に雪の予報も、、、

咲くのはその後でもイイかな、、、、

 

 

明日は江戸消防記念会第四区の若い方々「筒先・道具中」の「新年の式 大盃の儀」が稲荷御本堂で挙行される。

ただ御信者様でもご覧頂けないのでご了承を、、

 

先日、椿山荘・錦水での第四区頭取中の「大盃の儀」のブログ

    http://blog.takuzousuinari.com/?day=20180110

  


法類寺院 真珠院 初観音祭

昨日の深川・長専院不動寺の「護摩供」に続き本日は法類の小石川・真珠院での毎年恒例の初観音祭に出仕。

 

本日の初観音祭は正午からなので午前11時半前に到着。

山門横には「雪吊り」が、、、
雪釣り

真珠院御本堂

1

御本堂建築と外構工事の時に参道は「二河白道」に拘られた。


参道左手には大きな石像の聖観音様
2

 

観音祭はお檀家様や出仕僧は堂内でお待ちするが御住職はこの聖観音様の前でご回願してから本堂正面の向拝から入堂する。

 

昨年からは一昨年晋山した御住職が御導師を勤める。


傍らには可愛い雪よけの設えが、、、

2
多分中は「牡丹」だったかな??
 

真珠院内陣
3

導師座の上の天蓋(てんがい)「人天蓋とも呼ばれる)はクリスタルの天蓋。

お檀家様がお座りになる外陣は床暖房が効いていて打ち合わせは外陣で済ませた。

初観音祭らしい設え。

4
ちょとご覧になりにくいが普段お檀家様がお詣りしている弥陀三尊様の前には本日のみのお前立ちの観音様がお出まし。

初観音祭との事で普段の法要ではあまり読まない(読誦 どくじゅ)しない観音経普門品や太鼓での般若心経を読誦して無事に厳修.


その後、お檀家様は書院に移り新年会。
乾杯の後、講談や落語の清興も有ったようだ。

 

出仕の我々は控えの間で歓談して失礼をした。

窓からは書院からもご覧頂ける内庭にも雪つりが、、、

5

お檀家様をお迎えするお心遣いが行き届いている。

今月はこれからも初地蔵尊祭や法類での不動護摩供など新年の行事が続き御本堂でのご相談もままならず、年始の御挨拶も遅れている。
本年は節分追儺式豆まきは2月3日、2月7日の初午祭の準備も有るのでご了承をお願いしたい。


深川 長専院 不動寺  新年護摩供厳修

今晩は深川、長専院不動寺の新年の護摩供

長専院・不動寺では今まで「正五九」(正月・5月・9月)の17日には護摩法要が厳修されていたが数年前からお正月の本日のみになった。

 

本日は今年になり東京地方は初めて本降りの雨。

また本日は23年前の午前5時46分発生の阪神淡路大震災から23年。

6434人の尊い命が犠牲になりまだ行方不明の方も、、

朝の追悼式の模様が放映されていたが冷たい雨が降っていた。

 

午後5時頃だったが既に暗く深川にお邪魔をするときには大川(隅田川)を渡るが私の大好きな吊り橋型の清洲橋は工事中で残念ながらライトアップは見ることが出来なかった。

1

 

長専院の住職は浄土宗の僧侶になる傳宗傳戒道場、浄土宗で有りながらお互いの寺では護摩供の厳修があるので40数年前(昭和50年)に護摩の修行も同行。

しかし昨年10月22日に副住職さんに住職を継承して前住職になってしまった。


不動堂山門

2


護摩堂向拝

4
先々代住職は大正12年の関東大震災と昭和20年の大空襲で二回本堂を焼失、、
不動堂は鉄筋コンクリート造で震災後に建てられた。かろうじて戦災の消失は免れた。

不動堂内陣
5

午後7時からの護摩供では左側の太鼓を約45分間ほど叩く、、
阿弥陀経(護念経)一巻、般若心経は数十巻、、その後、お不動様の陀羅尼御真言、、、
もう40年以上、この護摩供では太鼓を叩いているがだんだん疲れを感じるようになってきた、、、、
祭り太鼓のように全身を使わないので上半身のみの鍛錬、、、、、

護摩の炎に近いが寒いせいで汗はかかなかった。

私の所の副住職は初めて護摩供での承仕(じょうじ 護摩作法のお手伝い役)を務めさせて頂いた。



前後するが到着してすぐに長専院ご本尊様にも御挨拶。

3

10数年前にご縁が有り鎌倉期の素晴らしい阿弥陀如来様がお越しになった。

江東区の有形文化財にも指定されている。

 

今晩は護摩供のあとご本堂で不動講の方々の新年会。
明日、副住職は午前8時頃から大本山での行事に出仕するので早々においとま。

毎日、新年の行事が続く、、、 私は明日は法類寺院での初観音祭、


小正月

本日は現在のカレンダーで「小正月」

1

皆様も「小豆粥」を召し上がったのでは、、

 

私は残念ながら今朝から多忙で普通の朝食だった。

 

今月はこれからも「初観音」「初地蔵」「初不動」と行事が続く、、、

来月に入ると「節分追儺式 豆まき」「初午祭」、、、、、

 

昨年は旧暦では13ヶ月有ったので本年の旧正月・元旦は2月16日と遅い。

旧暦の小正月(元宵節)は3月2日でおひな祭りの前日。

臺湾や中国では小正月に一年の家内安全・家庭円満の為に「湯円 たんゆぇん」と呼ばれる胡麻饅頭のようなお団子を食べる習わしが、、

 

あと5日後の20日は二十四節季の「大寒」

寒い日が続くようですので御自愛を。

 


都内も二日連続の氷点下

二日ほど前から日本各地で大雪に、、

四国や九州でも。

 

今日・明日と大学受験のセンター試験だが各地で大雪の影響が出たようだ。

会場によっては一時間ほど開始時間を遅らせたり、、

受験生も大変だったのでは。

こんな大雪やインフルエンザの流行る時期ではなくもう少し早められないかと思ってしまう。

 

都内も昨日と今朝は最低気温が氷点下に、、、

 

今朝はー1.8度だったと報じられていた。

 

境内参道の禊観音さま

1

 

「水掛漢音」とも呼ばれ参拝の方も手桶から柄杓で水をかけてお詣り。

 

手桶の中の水も3〜4ミリ程の薄氷が張った。

2

 

1センチ未満なので手桶の氷を割ってお詣り。

3

午前7時過ぎだったが観音様は氷のお衣に、、、、

 

今晩も場所によっては大雪の予報が有り明日朝の交通機関が乱れないことを願うばかり、、

受験生も頑張れ!!


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode