<< 浄土宗東京教区豊島組 主催「授戒会」の御案内 | main | 小日向 深光寺十夜法要 & 准胝観音祭 説教 >>

上十条「雪峰院」十夜法要 & 「宮林台下を忍ぶ会」

本日は穏やかな秋晴れの中、正午前に自坊を出発して北区上十条の雪峰院へ向かった。

午後1時からの法要前の説教席と本日はご部内寺院の住職の結婚披露宴と重なり出仕の僧侶が少ないので2時からの法要出仕のご依頼を頂いていた。

日曜日のため25分もかからず雪峰院へ到着。
山門
三門
いつも境内の手入れが行き届いている。

変わらず本堂前の参道では六地蔵様がお出迎え。
六地蔵

六地蔵様のお隣には大本山増上寺のご法主八木台下の御自坊文京区千石の一行院の開山中興徳本上人(行者) の御名号(南無阿弥陀仏)の碑がある。

徳本上人(行者)の「南無阿弥陀仏」の御名号碑。
ご名号

以前は大本山増上寺の御法主台下におなりあそばれた八木台下が御法主になられるまでお説教にお出でになっていらっしゃっていた。

雪峰院御本尊へ御挨拶
本堂

まずは法要前の午後1時から約一時間のお話をさせて頂いた。
御本堂内のお檀家様も有りがたい事に熱心にお聞き下さった。

私の説教席のあと午後2時からはお十夜法要。
私もお説教の時に被着する茶衣、如法会から御住職が準備下さった部内お揃いの香衣・お袈裟を拝借してお十夜法要にも出仕。

昨年のお施餓鬼法要からお二人のご子息(新発意 しんぽっち)も御住職(導師)の伴僧として可愛い赤いお袈裟を着け随喜。

御住職や御内室から法要後の後席の御案内も頂戴したが私は大学時代の恩師でありお仲人でもあり本年7月に御遷化された大本山光明寺宮林台下の忍ぶ会が横浜であるので早々においとま。
御部内寺院も結婚披露宴参列の為に法要後の慰労会は中止となってしまった。
御住職や御内室様に感謝。

車で帰寺後に横浜へ電車でと思ったが午後5寺半の開会に間に合いそうもなくネットで見ると高速道路はガラガラなので車で出かける決断。

お陰様で「忍ぶ会」会場の横浜 ホテル ニューグランドでの開会には間に合った。
大本山鎌倉光明寺 第112世 宮林昭彦大僧正を偲ぶ会の会場
忍ぶ会

入り口には台下を忍ぶお品の数々が、、、
思い出

思い出の品2

定刻5時半に開会
会場

生前の宮林先生、宮林台下にご関係のあった方々、研究室の先生方、我々のような教え子、ご親族等大勢の方々がお集まりになっていた。

まずは宮林台下御遷化のあと第113世に御推挙された柴田哲彦大僧正台下の思い出のお話から開会。
柴田台下

我々の席は大学時代から同期で宮林台下の御自坊、横浜の大光院へ入り浸っていた仲間、その後大変ご縁の有った仲間達のテーブルだった。

食事を頂いている時もご関係の方々から様々な思いで話しが、、、

最後は懐かしいお姿がプロジェクターにビデオや写真で映し出された。
ビデオ

我々はお仲人をお願いしたことも有りその後公私に亘りお心遣いを頂き7月の御遷化後はお写真を拝見するたびに心にぽっかりと穴が開いている感覚に襲われる。
もっともっと御教導賜りたかった。

御遷化のご報告をした本年7月18日のブログ
 
http://blog.takuzousuinari.com/?day=20140718

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode