<< 太陽の記憶ー卑弥呼 @ サントリーホール | main | 電気ブロアー 出動 >>

「太陽の記憶ー卑弥呼」の初演

昨日もお伝えしたが昨夕、サントリーホールの自主公演である「太陽の記憶ー卑弥呼」の初演に出かけた。
仕事で時間が迫っていたがサントリーホールは地下鉄「六本木一丁目」駅からすぐ。
自坊の南北線「後楽園」駅からは乗車をすれば12分足らず。

サントリーホールへのコンコース
サントリーホール

「太陽の記憶ー卑弥呼」は作曲・指揮は菅野由弘氏、演出は中村福助氏。
琴・龍笛・笙・三味線・三味線・琵琶等々は著名な奏者、洋楽のバイオリン・チェロ・コントラバス・パイプオルガンの奏者も有名な方ばかり、、
以前にも洋楽・和楽器との競演は有ったようだが舞踊は中村児太郎、中村梅彌氏等々の出演。
今回はそこに16人の増上寺式師会の面々も「声明」で出演。
副住職にもご指名が有った。

ホール正面の掲示
ポスター

テーマは「卑弥呼」の記憶と「天の岩戸伝説」,,そこに現れる太陽と皆既日食の記憶、、、

サントリーホール2

若干早く到達したのでお客さんはまだロビーで歓談中。
開演時には満席になった。

増上寺式師会の16人は袴に七条袈裟で声明(菅野氏作曲)を唱えながら二手に分かれ会場の通路から壇上へ、
サントリーホールの音響は素晴らしいので他の楽器に負けず式衆の声明の声も良く澄み渡り聞こえた。

二幕目は1階、2階 8人づつに別れ客席の通路を散華行道をしながらの演出。

20分の休憩を挟み2時間半ほどの公演で午後10時頃に帰寺。

昨晩、深夜に帰寺した副住職に感想を聞くと増上寺での御忌法要の式衆の方が緊張するようだ。

お伝えしたように今月24日は札幌コンサートホール、26日は福岡シンフォニーホールの公演も控える。
自坊での頼みたい仕事も有るのだが、、、、、
 

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode