<< 江戸町火消「元六番組」「元六睦」月例会 | main | 今朝の東京新聞に「小石川散歩」のご紹介が、、 >>

二十四節季「小暑」&七夕

本日は暦の上では二十四節季の「小暑」と「七夕」が重なった。

今晩はどんな夜空に、、、、

 

日頃お世話になっている地元の二番組「御殿町」組頭から有難いお中元。

ガーゼ地のハンドタオル。

1

皆様も必携品だろうが私も着物の時は袂に汗拭きのハンドタオルや食事等でのひざ掛け用に手ぬぐいを入れてる。

 

このハンドタオルは汗を吸い取りやすいガーゼ地で粋なデザイン。

「輪つなぎ」のデザインは江戸町火消「な組」を象徴する。

役半纏ではなく「な組」の総形半纏には必ず描かれている。

 

新年に頂く「手ぬぐい」もご紹介。(以前にもご紹介したが、、)

2

下は御殿町組頭から頂いた今年の手ぬぐい。 毎年デザインが違う。

上は江戸消防記念会の手ぬぐい。

右上から横に加盟11区、各組の纏(まとい)のデザインが、、

右から左、二段目は左から右の順。

二段目の真ん中あたりに第四区二番組(御殿町 な組)の纏も、、、

 

早稲田実業の斎藤佑樹投手が甲子園で決勝戦を二回戦い優勝したことがあったがマウンドでポケットから青いハンカチを取り出し顔をぬぐいハンカチ王子と騒がれたことが、、

あの頃、電車のホームで御殿町さんから頂戴した紺色の手ぬぐいを着物の袂から取り出し顔の汗を拭いていたらそばの女学生からニヤニヤと見られたことも、、

 

日頃、重宝に使わせていただいている。

 

 

お穴のお社の工事は本日は小休止。

大工さんは本堂の周り廊下の補修。

3

周り廊下は約一寸五分の総檜(ひのき)無垢の一枚板。

特に雨が吹き込み翌日に日が差し込む場所の板には隙間が、、、

 

その隙間を埋める作業

4

 

5ミリ以上隙間ができた部分に、、、

 

5

 

経年変化と冬場の乾燥でもまた縮む可能性もあるが自然木なので仕方がない。

木造建築はこの繰り返しで趣が増す。

 


コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode