<< 今朝の東京新聞に「小石川散歩」のご紹介が、、 | main | お社再建工事もいよいよ佳境、、、 >>

霊窟 お社 再建工事のご報告

昨日夕方は来客でアップ出来なかったので本日ご報告。 

 

ご報告の通り一両日は大工さんのお堂工事は小休止で本堂回り廊下の補修作業だった。

気がつかなかったが屋根の板金工事の職方もお出でになっていたようだ。

 

昨日、午後4時頃に本堂の方から覗くと、、、

1

すっかり屋根の板金作業が終了していた。

腐食に強いステンレス製の板にこのような色合いの焼き付け塗装がされた物で、、、

小型のお堂でかつ唐破風なので屋根の湾曲がきつい為に片側8枚の若干幅が狭い

一枚板で、、、

 

屋根中央には最後の棟木も乗せられていた。

 

2

 

3

細かい仕上げはまだのようだがこの棟木にも屋根と同様のステンレス板で覆い飾り物が正面に設置される。

以前と同様の唐破風の屋根だが入母屋にしなくてヨカッタ、、、

やはり風格はこの姿の方が趣と重厚さがある。

古の人はよくこのようなデザインを考えたと思う。

入母屋よりも木工での野地板の設置や板金作業も手間が大変だが、、、

 

唐破風の板の中央にも雲形に彫刻された飾りがつく。

完成後の全体像が掴めるようになった。

 

不朽したお堂を解体したのは5月だった。

 5月12日の解体祈願のブログ http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170512

 

もうすぐ二ヶ月、、、

 

PS

既にお盆の棚経のお詣りも開始。

16日のお盆明けからも浄土宗ではお施餓鬼法要が連日のように厳修されお説教席にも出かけ不在が多い。

 澤蔵司稲荷 ご本堂でのご相談もお休みがち、、

お電話でご確認頂きたい。

 

 

 


コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode