<< 細姿鯖寿司 | main | 境内で発見された「板碑」 >>

追悼

昭和60年(1985年)の本日、午後7時からの会議の為に外出の支度をしている時にテレビの画面に「JAL123便、羽田発伊丹行きのジャンボ機が行方不明」とのテロップが流れた。

多分、管制との通信機器の問題かと思い会議に出かけた。

 

会議中に仲間から何かとんでもない状況になっていると報告が、、

 

帰宅したら御巣鷹山墜落の衝撃的なニュースが、、

どうしてあの747が??と信じられなかった。

 

あれから丸32年が経ち今日33回を迎えた。

 

現在も操縦している友人の機長さんもいる。

FB仲間の機長さんも、、、

2年前にある機長さんがFBに投稿した文章を無断で拝借。

 

30年前の今日の夕方、B747の副操縦士に昇格して半年少々の私は香港から成田に向けて飛行中でした。
福岡コントロールから東京コントロールに移管される時に、通常と違う周波数を指示されて何かあったのかな?と思っただけでしたが、成田に到着してから123便の事と初めて知りました。
当時747の4系統ある油圧システムが全て不作動になる事等全く想定されていなかったので、本当に衝撃的な事故でした。
実機訓練でモーゼスレークに行った時、ちょうど教官として滞在されていた高濱機長、彼の笑顔は今でもはっきり覚えています。
すでに彼の年齢を越えてしまっている私ですが、いまだに無事に飛び続けられている事に感謝します。
今、元気に第一線で活躍されている機長さん達もあの当該機の機長さんに指導教官として米国の訓練基地で指導されたりSIMの教官として訓練を受けた方々が多く居る。
大変に信頼敬愛されていた機長さんだった。
しかしあのような油圧システムが全てダウンする事態に、、、
やはりどんなに技術が進歩しても航空の安全は決して簡単では無い。
不断の努力と強い責任感はあの事故を教訓に整備や運航に尽くされている。
乗客乗員520名の尊い生命が奪われた大事故。
ちょうどその2年前にディズニーランドが開園され目を奪うばかりの墜落現場から楽しかった思い出にお土産で買ったミッキーマウスが多く見つかった。
33回忌を迎えた本日改めて阿弥陀如来さまにお念仏をお唱えしてご冥福追善と稲荷御本尊前でこれからの安航を祈願申し上げる予定。
合掌

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode