<< 霊窟 お社 再建 & 鳥居設置工事 | main | 澤蔵司稲荷 秋季例大祭 ご案内 >>

江戸町火消「元六番組」「元六睦」月例会

いつもお伝えしているが毎月六日澤蔵司稲荷書院で江戸町火消し「六番組」であった「元六番組」「元六睦」の月例会。

「じょうしき」と呼ばれているが「常式? 定式?」

毎月、所属の頭取中(組頭・副組頭・小頭) が集まる。
「六番組」にちなみ毎月六の日に例会が開かれる。

江戸時代の町火消しの組織「いろは四十八組、本所深川十六組」は明治時代になり近代消防に移行したことに伴い「市部消防組」として再編成された。

その後、明治末に火消しの文化・伝統等を継承する為に江戸消防記念会として組織された。
現在の「一般社団法人 江戸消防記念会」 全体で11の区で組織されている。

 

ご参考に先日のブログ http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170816

小石川の地元は現在、第四区で二番組だが江戸時代には六番組「な組」として町火消しを担っていた。
その江戸時代の「六番組」はその組織を継承するために現在でも「元六番組」「元六睦」として現在の江戸消防記念会第四区とは所属がダブる組とダブらない組もあるが受け継がれている。
第四区では「な組」(現・二番組)「む組」(現・七番組)「う組」(現・二番組)が所属。

今朝は例月より早く午前8時30分に開式の為に午前8時頃から続々と、、、

1

 

我々の会議の開式と閉式は「同唱十念」だが頭取中は御手頭(おてがしら)拝借の一本締め、、、

 

 

月例会もお開きで目黒・祐天寺境内の殉職者慰霊塔へのお参りに出かけた。

2

お伝えしているように江戸時代の町火消六番組は明治以降に再編成された江戸消防記念会第四区のみでなく近隣の区所属の組も、、

江戸消防記念会と江戸町火消しの地域割りが微妙に異なる為、、、

左の頭取の役半纏の腰の染め抜きは9本なので第九区。

右は第四区二番組の頭。

腰の染め抜きは奇数の区は横に一直線。偶数の区は波を打っている。

これも先日のように大勢の組頭がお集まりの時の識別には便利。

  8月27日のブログ  http://blog.takuzousuinari.com/?day=20170827 

 

毎月の事なので大変。

来月は成田山へお詣りと聞いている。

 


コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode