<< 小正月 | main | 法類寺院 真珠院 初観音祭 >>

深川 長専院 不動寺  新年護摩供厳修

今晩は深川、長専院不動寺の新年の護摩供

長専院・不動寺では今まで「正五九」(正月・5月・9月)の17日には護摩法要が厳修されていたが数年前からお正月の本日のみになった。

 

本日は今年になり東京地方は初めて本降りの雨。

また本日は23年前の午前5時46分発生の阪神淡路大震災から23年。

6434人の尊い命が犠牲になりまだ行方不明の方も、、

朝の追悼式の模様が放映されていたが冷たい雨が降っていた。

 

午後5時頃だったが既に暗く深川にお邪魔をするときには大川(隅田川)を渡るが私の大好きな吊り橋型の清洲橋は工事中で残念ながらライトアップは見ることが出来なかった。

1

 

長専院の住職は浄土宗の僧侶になる傳宗傳戒道場、浄土宗で有りながらお互いの寺では護摩供の厳修があるので40数年前(昭和50年)に護摩の修行も同行。

しかし昨年10月22日に副住職さんに住職を継承して前住職になってしまった。


不動堂山門

2


護摩堂向拝

4
先々代住職は大正12年の関東大震災と昭和20年の大空襲で二回本堂を焼失、、
不動堂は鉄筋コンクリート造で震災後に建てられた。かろうじて戦災の消失は免れた。

不動堂内陣
5

午後7時からの護摩供では左側の太鼓を約45分間ほど叩く、、
阿弥陀経(護念経)一巻、般若心経は数十巻、、その後、お不動様の陀羅尼御真言、、、
もう40年以上、この護摩供では太鼓を叩いているがだんだん疲れを感じるようになってきた、、、、
祭り太鼓のように全身を使わないので上半身のみの鍛錬、、、、、

護摩の炎に近いが寒いせいで汗はかかなかった。

私の所の副住職は初めて護摩供での承仕(じょうじ 護摩作法のお手伝い役)を務めさせて頂いた。



前後するが到着してすぐに長専院ご本尊様にも御挨拶。

3

10数年前にご縁が有り鎌倉期の素晴らしい阿弥陀如来様がお越しになった。

江東区の有形文化財にも指定されている。

 

今晩は護摩供のあとご本堂で不動講の方々の新年会。
明日、副住職は午前8時頃から大本山での行事に出仕するので早々においとま。

毎日、新年の行事が続く、、、 私は明日は法類寺院での初観音祭、


コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode