<< 玄関脇の黒竹 | main | 江戸町火消 元・六番組 定式(月例会) >>

5年間の備忘の為に2年前の本日のブログを再度、、

普請ばかり、、、

東京地方は未明から風雨が強くなり今朝起きると立木の藤の木が倒れていたり、、、
昼過ぎまで強風が吹き荒れていた。

先月末に兼務寺のお施餓鬼法要を厳修。
先代御住職は傳通院第七十六世をお勤めになられた。今月七回忌を迎える。
御本堂が手狭と諸般の事情でお施餓鬼法要の時に七回忌法要も勤めさせて頂いた。

本日午後に関係寺院、御部内寺院等にご報告の御挨拶に、、、

たまたまブログ内をチェックしていると三年前の本日のブログがヒット、、、

旧・庫裏(寺院の維持の為に寺族が生活をする建物)の建て替え準備が始まっていた。

懐かしい旧玄関先
旧庫裏1
火灯窓が素敵だった。

before-after の新玄関
新庫裏
玄関先の柘榴の古木は移植不可能なので建物の設計を変更して残した。

旧・ガレージ
奥の二階部分まで解体して新築した。
旧ガレージ

同じ位置からの現在
新庫裏2
配置(間取り)はほとんど変わっていない。
耐震強化とバリアフリーに、、

旧・建物の座敷
二間で12畳の狭い座敷で終戦直後の建築だがとても洒落ていた。
建材も当時としては素晴らしいものだった。
座敷
ただ壁が少なく土台(基礎)も耐震性が無くやむなく解体をした。

解体は旧庫裏の一部を残す作業だったので重機ではなく手壊し。
その為に気に入っていた建材(部材)はテープで×印を付け保存した。
座敷1

縁側廊下の建材も、、、
座敷2

この部屋の押し入れに保管していた親子の剣道防具は書院の押し入れに仮避難、、
防具

この3年間、旧・庫裏の解体、その後の新築工事、、またお伝えしているように本堂・参道手水舎等の修復工事等々、、、、
未だに職人さん方の作業が続く、、
三年間、ずっと工事だったような、、

 

コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode