<< 梅雨明け、、 | main | 法類寺院 西岸寺大施餓鬼法要 >>

今朝は例月大護摩厳修

澤蔵司稲荷では毎月一日(ついたち)午前6時から大護摩を厳修。

 

毎日御奉納される護摩木をお炊き上げする。

1

6月29日には観測を始めた戦後から一番早い「梅雨明け」だった。

昨日までも東京地方は六日間の30度C越えの真夏日が続いていた。

 

今朝も午前5時半頃に既に27度以上、、、、

大汗をかかせて頂いた。

 

2

初午や節分追儺式、春秋の例大祭での大護摩では御信者様が多くお詣りなので内陣までお入り頂けないが例月大護摩では燃えさかる炎のそばにお近づき頂くことが出来る。

 

3

ご挨拶後の護摩の釜

普段は本尊壇のみだが修行の時は六壇焚くので護摩壇の釜の直下には水を入れたすり鉢を置いた。

現在は釜が直接護摩壇に触れないように厚さ1冂の耐熱のシートを施してある。

直接だと真鍮プレートの下の木製護摩壇が高熱で炭化してしまう。

 

毎月、護摩後の午前中はご近所の御信者様の会社やご自宅へお詣りに出かけるが本日は日曜日なのでお休みも多く明日に、、、

その積もりで午前中はご法事もお受けしており汗の為に午前中だけで二回下着を取り替えた。

 

作務衣に着替え緑の濃くなった境内へ。

4

まだ蝉は啼きだしていないが清々しい空気が、、

 

本日も連日の真夏日を更新。

 


コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode