<< 月例 大護摩厳修 | main | 船橋 浄勝寺 施餓鬼法要 説教席 >>

町田市 養運寺 大施餓鬼会 説教席

本日、午前中に自坊を出発して町田へ、、

以前、高速道路が一時無料化になり3時間45分ほどかかったトラウマでネットの首都高交通情報を綿密にチェックしていたがそれほどの渋滞も無いので午前10時5分頃に車で出発。

 

お陰様で首都高3号線の下りは渋谷近辺で若干の渋滞があったが東名高速・横浜青葉から246号経由でスムースだったが町田方面へ曲がる交差点を間違えとんでもない遠回りをしてしまった。

しかし迷ってしまったが午前11寺50分頃には無事到着。

 

養運寺の御住職は一年お若いが大学時代からのお付き合いと青年会活動を通じて既に半世紀以上のお付き合い。

若い頃は結婚披露宴の司会も仰せつかったりカンボジアの難民救済も一緒に、、、

 

養運寺は二年がかりで一昨年5月8日に御本堂や観音堂、書院の一部の再建工事が終わり落慶式が厳修された。

 

本堂裏の駐車場に登れる道も整備されているのだが私はあえて毎回参道下の駐車場へ、、、

 

写真を撮ったり境内の様子を拝見する為に。

養運寺には既に二十年近く法話でお邪魔をしているが雨が降ったのは初めてでは、、、

昨日までの猛暑とは打って変わり凌ぎやすかった。

 

私の先代も布教をしていたが説教師は自坊(自分の寺)を出る時から説教師であれ。

到着したら境内の様子や堂内の設えに目を配り御住職方のご配慮を受け止めろ。

ご本尊様にお詣りをして堂内の荘厳等にも目を配れ、、

説教が終わったらご寺族のご迷惑にならぬようすぐにおいとまを、、

口癖だった。

 

その為、泊まりがけの地方でのご依頼以外私服で出かけた事が無い。

事前に御住職に例年の法要とは何か違うか、お伝えしたい事が有るかお聞きすることも有る。

法要の主旨は勿論だが境内整備や御本堂の印象など感じた事をお伝えする場合も、、

 

ブログでも境内や御本堂の様子をお伝えしているが自分自身の日記、、

来年お邪魔をする時の参考になる。

 

参道入り口の公道に面した駐車場に、、

掲示板には私の名前もお知らせを下さってあった。

1

 

2

 

3

参道の階段を登ると山門が、、

5

養運寺の「山号」は「鶏足山」

奥には一昨年5月に落慶したご本堂が、、、、

 

観音様もお出迎え。

4

 

6

 

7

 

この階段を上るアプローチが楽しみで本堂裏にも駐車場が完備されているが山門下に駐車して階段を上る。

でもこの石段をいつまで元気に上がる事が出来るかな?と思う年齢になってしまった、、、、

 

樹木の手入れを拝見するのも楽しみ、、、

 

8

再建の御本堂は伝統的な入母屋造の屋根と唐破風の向拝、。

立派!!

 

本堂脇の観音堂も再建。

以前の観音堂は入母屋の屋根だったが本堂とは逆に方形のお屋根に、、、

住職の拘りか、、、

9

 

現・住職がお建てになった鐘楼堂

10

何年前だったか、、、

私の寺の御信者様がそばにお住まい大晦日には年越しの除夜の鐘を毎年楽しみにしているとお聞きした事がある。

 

本堂向拝は唐破風、、

 

11

黒い部分の紅梁の間の蛙股や唐破風の飾りの彫刻は以前の御本堂の彫刻を再利用。

200年前の本堂を解体した時に保存して再利用。

素晴らしい、、、

 

虹梁の彫刻も素晴らしい、、

木鼻の獅子も、、

7

 

13

お説教席には若干早く到着したので境内で楽しませて頂いた。

 

本堂内陣

正面の弥陀三尊様は400年以上前(室町期)に造立され町田市の有形文化財にも指定されている。

14

 

9

住職・副住職の希望で一尺以上の丸柱や内陣の紅梁、欄間は200年以上前の建造でもったいないので再利用を希望したようだ。

多分、設計段階では全部新材の方が楽だったと思慮。

解体作業も慎重に進めなくてはならず大変だったのでは、、、

 

歴史のある古材は絶対使うべきだ、、、

何百年の歴史(年齢)がある、、、

 

内陣、天井は格式がある折り上げ格天井に、、、

9

堂内の斗組・欄間も素晴らしい!以前の御本堂の名残、、、

 

15

 

午後1時からお説教席 お檀家様と共に空調の効いた御本堂で気持ちが良かった、、、


16

この左脇にもお座敷があり50人ほどのお檀家様で満堂(満室)だった。

 

副住職に私のアップでない写真をお願いしてカメラを託した、、、、VY TNX!!!

 

午後2時からは組内御寺院の御住職方随喜のもとお施餓鬼法要開始

 

御住職の施餓鬼壇(五如来壇)前での「表白」の奉読

本日のお施餓鬼法要の主旨を述べられる。

 

17

 

私の仕事はこの前で終わっていたので写真を撮らせて頂きおいとま。。。

 

朝方の雨はほとんどやんでいたがお檀家の皆様はお墓参りのあとご自宅に戻られる迄は雨は降らないようにと心配しながら自坊に向かった。

 

帰路は国道246も東名高速、首都高速もまあまあスムースで1間40分程で帰寺出来た。

 

お陰様の一日だった、、、

 

ご参考に以前の御本堂

11

このご本堂でも長年お説教をさせて頂いた。

あるいは先代御住職の表葬儀、現・住職の晋山式等々懐かしい思い出の御本堂。

 

 


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode