<< 東京歯科大学「解剖慰霊祭」 | main | 江戸消防第四区木遣親聲会 梯子乗り・木遣り稽古 千秋楽 >>

今晩から江戸消防第四区 木遣親聲会の梯子乗りと木遣りの稽古

今晩から(一般社団法人)江戸消防記念会 第四区木遣親声会の来春の東京消防庁
「出初め式」に向けての梯子乗りと木遣りの稽古が始まった。 

澤蔵司稲荷では4月下旬と11月下旬にそれぞれ十日間程の稽古がおこなわれている。

 

本年は11月25日に芝のプリンスパークタワー東京で「江戸町火消 三百年」の記念行事が開催予定で例年より早まった。

筒先・道具中が中心にまず三間半の出初め式でも使う本梯子の締め直し

2

緩むので稽古のたびに締め直しをする。

 

3

新春、東京消防庁出初め式には新調される。

この本梯子は今回の稽古の後は短くして稽古梯子として使われる。

 

頭取中に稽古始めのお披露目をする前に足場パイプに固定された低い梯子で稽古が、、
高さは2暖召3団の高さ。

2

 

 


12人の筒先・道具中が「長鍵」(鳶口)で本梯子を立ち上げ稽古の安全を祈願して御神酒や塩でお清め。

4


頭取中が見守る中で本梯子で稽古始めのお披露目。
5

多分、来春の東京消防庁出初め式で梯子に乗る若い衆か?

 

6

 

7

 

頭取中から稽古の安全と町火消三百年の記念の年の稽古との激励が、、

8

 

会長の激励のあと手締め、、
9


初日と千秋楽は澤蔵司稲荷ご本堂本尊前と木遣不動尊の前で木遣りの奉唱。
10

 

稽古は今月23日が千秋楽。


江戸消防記念会は十一区有るが小石川の地元、第四区は木遣りを含め素晴らしい指導者に恵まれピカイチだと思う。

稽古は危険を伴うので安全とその成果を祈念。
今晩からは粋な木遣りの声を居ながらにして毎晩聞く事が出来る。

 

11月25日の江戸消防記念会主催のプリンスパークタワー東京での三百年の記念式典には私もご案内頂いている。

来賓を含め1360人ほどとの事。

式典では6本の3間半の本梯子でお披露目もあるとの事。

素晴らしい木遣の声も響き渡るのでは、、、

 


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode