<< 真珠院 初観音祭 | main |  節分 追儺式 豆まき ・ 初午祭のご案内 >>

江戸消防第四 筒先・道具中(睦) 新年の式・大盃の儀

蔵司稲荷とは深いご縁の有る江戸消防記念会第四区(だいしく)、並びに木遣り親声会。

先日も椿山荘・錦水での「第四区頭取新年の式・大盃の儀」に来賓として参列させて頂いた。

1月10日の椿山荘での第四区頭取中の大盃の儀のブログ

   http://blog.takuzousuinari.com/?day=20190110
    
  
本日は江戸消防記念会第四区の「第四 筒先睦」(第四 筒先・道具中)の新年の式「大盃(おおさかずき)の儀」が澤蔵司稲荷で執行された。

本日は例年よりも遅く午後2時半の開式予定で正午頃には筒先・道具中が集合して準備が始まった。
書院での打ち合わせや本堂での準備

1

 

先日の椿山荘での頭取新年の儀の大盃は輪島塗で第四区所属10組の纏(まとい)の描かれた酒器だがこちらは少し小振り。

第四区の立派な酒器は先日のブログでご紹介済み、、、


2

しかし小さな酒器だがお盆、酒器、盃にも「第四」の紋が描かれている立派な酒器。

 江戸消防記念会は東京都の23区(江戸川・葛飾を除く)を江戸町火消に倣った旧6地区と昭和23年以降に加入した5地区の計11地区に地域割りし、これを「区」と呼んでいる。
区の下に「組」を設け、これを番組と称し、その総数は87組に及んでいる

各組には独自の纒が1本ずつ配置され、その纒を中心に組織的な活動を行っている。

会員は正会員(組頭・副組頭・小頭)と準会員(筒先・纒持ち・梯子持ち・若衆)併せて約800名。
各区の組頭の中から、総代・副総代・幹事を各1名選出し、更に総代から会長・副会長を選任し記念会を運営している。
また、会員は火消気質と言われる良い意味での「義理と人情と痩せ我慢」を信条とし、祖先を崇拝し、目上を敬い、古い伝統やしきたりを重んじるという日本人的日本人の気質をもっており、このような共通した人間性を柱とした固い結束が会の支えとなっている。

本日の筒先中・道具中は準会員であり「第四区」は名乗れず「第四 筒先・道具中」

澤蔵司稲荷に奉安されている木遣り不動尊の前に「睦」の軸が掲げられた。

3

 

9年前に第四区から奉安された「木遣不動尊」

4


午後2時過ぎから来賓もお揃いになり2時半からまず澤蔵司稲荷本尊前で護摩供。


5

 


6

 

護摩供後、脇陣の「木遣不動尊」前で御祈願。

7

 

その後、堂内の設えを大盃の儀の為に準備。

「大盃の儀」
本年の年番(輪番)は一番組。

「口上」後、「大盃の儀」

8

 

「大盃の儀」開会の「お手頭拝借」後の大盃。

 

上席から「大盃」の奉盃  第四区総代へ

9

 

私も頂戴した。

 

10

 

一巡して「大盃」は納めらた。

 

祝いの新年の木遣り奉唱

12

目出度く「大盃の儀」も納められた。


その後、総職(筒先・道具中総責任者)の挨拶、

13

 

14

来賓の総代の祝辞と共に私も祝辞と御礼を申し述べさせて頂いた。

 

15

目出度く木遣りと手締めで納められた。
毎年の事だが若い衆の凛々しい姿に感激。

しかし第四区は良き指導者に恵まれ頼もしい限り、、、

本年も桜の頃や11月の紅葉の頃にはそれぞれ10日間ほどの梯子乗りと木遣りの稽古が澤蔵司稲荷境内と書院でおこなわれる。

本年のご活躍と繁栄を祈念。


足かけ9年前の2010年10月に澤蔵司稲荷に奉安された第四区木遣り親声会の「木遣不動尊」

2010年10月10日のブログ

http://blog.takuzousuinari.com/?day=20101010

2010年10月11日のブログ
http://blog.takuzousuinari.com/?day=20101011

これは是非ご覧頂きたい、、、

 

この儀式も門外不出、一般の方はご覧頂けないが先日の椿山荘での新年の式と同様に皆様にも是非ご紹介がしたく写真を撮らせて頂いた。

本日の儀式は護摩供以外は副住職が撮影。

 

これからも初地蔵尊祭、初不動護摩、、自坊でも節分追儺式(豆まき)、初午祭(本年は二ノ午の2月14日)迄続く、、

 

 

 



コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode