<<  節分 追儺式 豆まき ・ 初午祭のご案内 | main | 法類寺院の新春「初不動祭」厳修 >>

新春 身代り地蔵尊祈願祭

午後1時過ぎに文京区本駒込の慈眼院と法類でもある常徳寺に出かけた。

本日はお地蔵様の新年の初地蔵の御縁日、、

午後2時から例年恒例の「身代り地蔵尊祈願会」が厳修されるので出仕。

常徳寺山門

1

山門をくぐりすぐ左手に地蔵堂が有るのでお詣りの方は参道。

 

毎年の事だが防寒の為にテントが張られ暖房機も、、、、

本日は晴天だったが北風が冷たかった。


地蔵堂の身代り地蔵尊

2

お地蔵様の背後には御先代住職の発願で壇信徒様から御寄進された千体地蔵尊。

 

天井にも先代住職の拘りが、、

10

 

千体地蔵尊は予定の約半分が奉安されたようだ。
私も先祖供養のために御寄進(奉安)させて頂いた。

4

まだお申し込みは可能。

本年は新たに5体のお申し込みが有り法要中に開眼され奉安された。

常徳寺には江戸期に恵心僧都作と伝わる身丈7尺ほどの立派な「身代り地蔵尊」が祀られ多くのお詣りの方々が有ったとお聞きしている。
江戸名所図絵には常徳寺より地蔵堂の方が大きく描かれている。
残念ながら昭和20年5月25日の空襲で消失した。

御先代住職が発願され平成14年に参道左手に現在の地蔵堂が落慶して新しく造立されたお地蔵様が奉安された。
お地蔵様の周りには白檀の大きなお数珠が一周の設え、法要でのお焼香の後は一周する事が出来る。

5


法要前には講堂で清興の落語が、、

桂 米太朗師匠の落語

6

皆さん和やかに楽しまれていたが残念ながら米多朗師匠の高座も法要準備時間の関係でお聞きする事が出来なかった。


定刻の午後2時に地蔵堂に向かう前に本堂向拝で入堂する作法。

 

地蔵堂 御祈願開始

後住職の法要の趣旨を唱える「表白 ひょうびゃく」の奉読。

7

 

私も太鼓を叩きに毎年お手伝いで随喜(出仕)

太鼓の最中に洒水作法
8

 

御祈願中にお詣りの御信者様もお焼香

9

お焼香のあとお詣りの方々はお数珠に触れながら(撫でながら)お地蔵様の周りを一周。
白檀のお数珠も16年以上が経ちだんだん飴色に年季が入ってきた。

 

参道は住職の配慮でテントも設営して暖房機も置いてあったがお寒かったのでは、、

 

お詣り皆様の本年のご健勝・家内安全・心願成就を祈念。

 
TNX Fhoto by 常徳寺 Staff


コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode