<< 法類寺院の新春「初不動祭」厳修 | main | 本日は節分追儺式「豆まき」 >>

大正大学 林田ゼミ 来訪

大正大学(浄土宗・天台宗・真言宗の三宗四派で創設)の浄土学 林田教授の率いる林田ゼミの四年生諸君が先生と本日午後来訪。

 

於大の方菩提所として、江戸時代は関東十八檀林であった傳通院を参拝したあと訪ねられた。

 

塔頭寺院、鎮守の稲荷として白羽の矢が立ったとお聞きしていた。

 

先ずは別当寺として祈願をする護摩供を短くご披露。

1

 

副住職も大学で浄土宗の法儀実習(お経や様々な作法を習得する)を担当しており学生さん達とは顔見知り。

傳宗傳戒も終わり今春卒業の学生さん達。

 

浄土宗では般若心経は普段あまり読誦しないが全員が大きな声で太鼓に合わせ発声して下さったので感激。

確かに行中の食作法(じきさほう)では般若心経をお唱えする。

堂内に大きな声で般若心経が響き渡るのは初めての経験だった。

2

 

護摩後には塔頭寺院、別当寺、数年前に境内から見つかった670年ほど前の「板碑」、奉納が続く萬盛蕎麦屋さんの話も、、、

3

 

参加者の中には青年会時代から活動を共にして教区内の組長も一緒に勤めた友人のご子息や世田谷のお不動様の冬至の不動護摩(星祭り)に35年ほど太鼓を叩きに伺っていた御住職のお孫さんにもご挨拶を頂いた。

 

林田先生のご配慮にも感謝。

 

 


コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode