<< 本日もお施餓鬼法要説教席(法話) | main | 本日は傳通院でのお施餓鬼法要 >>

武蔵野市吉祥寺 光専寺 法話席

本日は午後3 時からお施餓鬼法要会が厳修される武蔵野市吉祥寺にある光専寺に向かった。

依頼されている説教席(法話)は午後2時なのだが遅刻は出来ないので正午頃に自坊を車で出発。


以前は東京メトロと中央線でお邪魔をしていたのだが御住職から駐車場のご用意が有るとの事で4年前からは車でお邪魔をしている。

私は説教席のみで法要には随喜せずおいとまするので駐車場は出やすいようにとのご配慮も、、
 

昼時でもあり一般道も高速道路もスムースで40分足らずで到着してしまった。

 

自坊を出掛けるときに既に外気温は28度℃を超え30度℃を超える真夏日になるとの予報も出ていた。

 

光専寺

 

山門

2

晴天で太陽もじりじりと照りつけお参りの方も汗だく、、


御本堂
4

ご本堂は昭和初期の建造で数年前に耐震工事を済ませた。

 

書院玄関も立派

3

写真からも暑さが感じていただけるのでは、、、、


時間が有ったのでお玄関に御邪魔をする前に境内を拝観参拝、、

墓地に向かう参道の地蔵尊
5

本日は24日でお地蔵様のご縁日でもあり私もしっかりお参りをさせていただいた。


先代御住職の御発願で建立された水子地蔵尊もお詣り。
6

 

光専寺歴代御住職のお墓も、

7

若い頃に御教導賜り私の寺の先代住職(実父)も30年近くお説教にお呼びくださった御先代住職の23回忌の角塔婆も、、

一昨年厳修された。

私も若いころからご教導賜った。

 

御本堂内陣 御本尊様へご挨拶。
8

お説教には一時間ほど前だったが堂内には「お斎 おとき」(お食事)を済まされたお檀家様も既にお座りになられていた。

 

左脇陣には「箪笥 たんす 地蔵尊」
9

以前、御住職からお聞きしたが御厨子のお地蔵様を手前の箪笥のような箱に収めまさに和箪笥のように鍵手が着いており駕籠(かご)のように担いで「出開帳」をしていたとの事。

私の師僧(実父)も記録によると平成元年(82歳)まで光専寺様のお施餓鬼会やお十夜法要のお説教席に御邪魔をしていたと有るので師僧の愛用していた「如意」や「お袈裟」(遺具)を着けさせて頂きお説教をさせて頂いた。

現御住職とは大学時代からのお付き合いで御内室とも結婚前から存じ上げている。
有り難い「ご縁」

お陰様で帰路もスムースで午後3時過ぎに出発したが4時頃には帰寺出来た。

 

今日も有り難い一日。感謝

 

明日からも猛暑が続くようなので熱中症にはご留意いただきたい。

 

30日まで連日関係寺院でお施餓鬼法要が続くので稲荷ご本堂でのご相談事はお休みになっておりますのでご了承を、、
 


コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode