<< 京都・五山 送り火 | main | インド(印度 天竺) 菩提樹 その2 >>

お施餓鬼法要説教 地震

本日は友人が関係するお寺のお施餓鬼法要のお説教を頼まれ出かけた。
場所は千葉県船橋。

本堂内の荘厳
施餓鬼内陣
折り上げ格天井の素晴らしい内陣。
見えにくいが両奧陣には二祖 善導大師・宗祖法然上人の座像も安置されている。

左側の演壇(演台)で話をさせていただく。
お檀家様がご本堂に入られる前に写させていただいた。

浄土宗のお施餓鬼らしく施餓鬼壇は下陣飾り。
施餓鬼壇下陣飾り
小さなご本堂ではお檀家様の人数が増えると飾ることが出来ず内陣にお飾りする場合もある。

私の与えられたお説教の時間は午後1時から2時。

4〜5日前から千葉東方沖で群発地震?が発生して今朝も地震の揺れで目が覚めた。
お説教の中での四方山話で先月7月16日(東京ではお盆の送り火の日)の新潟県中越沖地震のお見舞いを兼ね我が家で発せられた「緊急地震速報受信装置」の作動の経験を話した。

私の寺には6月26日に「緊急地震速報受信装置」が設置されていた。

その後、本日のお施餓鬼法要の趣旨等をご説明している最中に「グラッ」と来た。
私は立ってお説教をしていたのだが地震を感じた。
内陣の人天蓋(瓔珞 ようらく)も揺れているようだった。
お檀家様には耐震設計の立派なご本堂なので心配しないようにお伝えした。

お檀家様にもしここに緊急地震速報受信装置があれば多分作動して震度いくつの地震が何秒後に来ますよ!と教えてくれれば心配ないのに、、と。申し上げた。
私の経験から、、。

案の定、帰宅をして家族に聞くとあの時間に私の寺の緊急放送が受信機から発信されたようだ。
30秒の時間があったのでそんなに慌てなかったとの事。
前回の新潟地震の学習(経験)は生かされていた。

本日は昨日までの猛暑(酷暑)ではなかったがまだ暫く暑い日も続く模様、、。
お身体にお気を付けて暑い夏を乗り切っていただきたい。

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
新着ブログ
ブログ内 検索
月別 過去ログ
最近のコメント
links
profile
others
mobile
qrcode